よりよいお酒の飲み方

アルコールは、飲みかたによって良薬にも、毒薬にもなりうる可能性を秘めた飲み物です。次のような事を心がけましょう。

〇お酒は笑いながら楽しく飲みましょう。決して呑まれてはいけ
 ません。
〇栄養のとれた肴をとりながら飲みましょう。
〇アルコールの処理能力には個人差と限界があるので、自分のペー  
 スで、ゆっくり飲みましょう。
〇アルコールパッチテストで、自分の体質を把握して、適量にとど
 めましょう。
〇薬と一緒に飲むのはやめましょう。
〇一気飲みは、お酒・お金・時間・健康の無駄遣いなので、やめま
 しょう。
〇肝臓に負担がかかるので、週に二回は休肝日を設けましょう。
 また、なるべく定期検査をうけましょう。
〇遺伝的に飲めない体質の人もいるので、無理に飲ませるのはやめ
 ましょう。
〇遅くても夜12時には、きりあげよう。

以上の原則は簡単そうで、実行するのは難しいかもしれません。しかし、知らぬ間に泥沼にはまっている事もあるのが、アルコールの怖いところです。
なにより大切なのは、
<アルコールについての正しい知識を持つ事>
です。自分の身を守るのは、自分しかいません。より快適に生活をおくっていく為にも、上手にお酒とつきあっていきましょう。

参考資料
・ http://www.arukenkyo.or.jp
・ http://www.meiji.ac.jp/campus/hoken_ei/alcohol.htm
・ 岩波新書 「アルコール問答」 なだいなだ


ページTOP

学生実習TOP   衛生学TOP