Medical Physiology, Hamamatsu University School of Medicine

XXlllrd International Congress on Fibrinolysis & Proteolysis

 and

XVlth International Workshop on Molecular and Cellular Biology of Plasminogen Activation.

Oct. 17th -21st, 2016

 

The 1st Joint Meeting of ISFP and PA Workshop は、大盛況のうちに終了しました。たくさんのご参加、サポートいただいた皆様に厚く御礼申し上げます。学会スライドショー"AVI.file" "MOV.file")
2017年6月
▶︎スタッフ情報更新しました。
▶︎Photo追加しました。
2017年4月
▶︎佐野秀人助教の科学研究費基盤研究費C「疾患特異的iPS細胞を用いた脂肪細胞分化・ 機能に及ぼすヒトPAI-1の役割」が継続採択されました。
▶︎浦野哲盟教授の科学研究費基盤研究費C「活性化血小板膜を基盤とした血栓溶解活性発現の多様な調節機構の解析」が継続採択されました。
▶︎田中宏樹助教の科学研究費基盤研究費C「vasa vasorumの血流変動が腹部大動脈瘤の病態に及ぼす影響」が継続採択されました。
▶︎英文原著の採択 Iwaki T, Nagahashi K, Takano K, Suzuki-Inoue K, Kanayama N, Umemura K, Urano T. "Mutation in a highly conserved glycine residue in strand 5B of plasminogen activator inhibitor 1 causes polymerization. "Thromb Haemost in press
2017年3月
▶︎第94回日本生理学会(大会長 浦野哲盟教授、福田敦夫教授)は大盛況のうちに終了いたしました。
▶︎英文原著の採択 Hiroki Tanaka et al. "Lysophosphatidylcholine acyltransferase-3 expression is associated with atherosclerosis progression" J Vasc Res in press
▶︎英文論説の採択 Tetsumei Urano and Yuko Suzuki. "Thrombolytic Therapy Targeting Alpha 2-Antiplasmin." Circulation. 2017 Mar 14;135(11):1021-1023. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.117.026884. 2017年2月
▶︎英文原著の公開
Brzoska T, Suzuki Y, Sano H, Suzuki S, Tomczyk M, Tanaka H, Urano T
"Imaging analyses of coagulation-dependent initiation of fibrinolysis on activated platelets and its modification by thrombin-activatable fibrinolysis inhibitor."Thromb Haemost. 2017 Apr 3;117(4):682-690. 2016年10月
▶︎HeartView11月号(特集:静脈血栓塞栓症)「静脈血栓塞栓症の疫学と危険因子」田中宏樹助教、山本尚人助教(血管外科)、浦野哲盟教授が担当しました。
▶︎H28.10.9浦野哲盟教授が、The 9th Congress of yhe Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis(Taipei)で招待講演をしました。
2016年9月
▶︎H28.9.28田中宏樹助教が、
European Society of Vascular Surgeryでポスター発表しました。
▶︎H28.9.25 鈴木優子准教授が、
日本生化学会シンポジウム「単一分子、細胞レベルの血小板フィブリン血栓形成とその溶解過程を目撃しよう!」で発表しました。
▶︎英文原著の公開
Hosokawa K,Urano T. et.al Plasminogen activator inhibitor type 1 in platelets induces thrombogenicity by increasing thrombolysis resistance under shear stress in an in-vitro flow chamber model. Thromb. Res. 2016 in press 2016年8月
▶︎英文原著の公開
Kugo H, Zaima N, Tanaka H, et al. Adipocyte in vascular wall can induce the rupture of abdominal aortic aneurysm. Sci Rep. 2016 Aug 8;6:31268.
2016年6月
▶︎英文原著の公開
Suzuki Y, et al. Activities of wild- and variant-type tissue-type plasminogen activators retained on vascular endothelial cells. 2016, FEBS Open Bio, 6: 469–476. 2016年5月
▶︎田中宏樹助教が日本静脈学会Young Investigator Awardを受賞しました。
▶︎邦文総説の公開
Recent progress and perspectives in the field of fibrinolysis.
Urano T, Suzuki Y. Rinsho Ketsueki. 2016;57(3):333-9. 2016年4月
▶︎英文原著の公開
The preventive effect of fish oil on abdominal aortic aneurysm development. Kugo H,et al. Biosci Biotechnol Biochem. 2016 Mar 29:1-6. ▶︎英文原著の採択
Bidirectional functions of thrombin on fibrinolysis: evidence of thrombin-dependent enhancement of fibrinolysis provided by spontaneous plasma clot lysis. Tomczyk M, et al. Thrombosis Research 2016
▶︎佐野秀人助教の科学研究費基盤研究費C「疾患特異的iPS細胞を用いた脂肪細胞分化・ 機能に及ぼすヒトPAI-1の役割」が継続採択されました。
▶︎浦野哲盟教授の科学研究費基盤研究費C「活性化血小板膜を基盤とした血栓溶解活性発現の多様な調節機構の解析」が新規採択されました。
▶︎講演会のお知らせ 4.26(火) 19:15開始 オークラアクトシティホテル浜松30階 パールの間
抗凝固療法を考える会(主催 日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社)
基調講演:「なぜNOACでは脳出血が少ないか?凝固系制御機構からの考察」
演者 浦野哲盟教授
▶︎The 1st Joint Meeting of ISFP and PA Workshopの参加者登録、抄録を受け付けています。 ▶︎▶︎▶︎▶︎▶︎ Archive

What's New ?

Welcome to our web site.