ページの先頭です
English
トップページ
> 入局案内 > 本田哲也教授教授からメッセージ

入局案内

本田哲也教授からメッセージ

当講座の特徴・目標

教室員の顔が互いに十分にみえる適度な人数で、診療、研究、教育に互いに有機的に、かつ丁寧に携われることが当講座の大きな特徴の一つです。

臨床講座の基盤である診療についてですが、当科では皮膚疾患全般を扱い、特にアトピー性皮膚炎や乾癬などの炎症性皮膚疾患、脱毛症、皮膚リンパ腫等の疾患については、全国的にも有数な専門家を有し、高度な先進的医療を提供しています。加えて、当講座は、静岡県の東部、中部、西部全域に渡り、20を超える基幹病院に40名を超える医局員を派遣しています。そして、これら病院と連携し、静岡県という広域医療圏での皮膚科地域医療の中心的役割を担っています。

研究テーマとしては、皮膚免疫・アレルギーが中心で、アトピー性皮膚炎、乾癬、光線過敏症、薬疹、脱毛症などを重点的に研究し、また皮膚リンフォーマ、メラノーマ、癌免疫などの腫瘍性疾患も扱っています。これらに加え、基礎講座との連携を通し、より基礎的な免疫や皮膚病理を中心とする研究も行っています。今後はさらに、浜松医科大学の特徴である高度な光技術・分析技術等を用いた皮膚科学の基礎研究・応用研究にも力をいれていく予定です。一人ひとりの患者の皆様の診療を真剣に行う結果として、臨床講座ならではの研究を、深みを持って達成することを目標としております。

教育については、日々に診療における教育にくわえ毎週の診療カンファレンス、リサーチカンファレンスを通し、特に後期臨床研修に相当する期間では集中的に臨床教育と研究の手ほどきを行い、それ以降はさらに専門性の高い臨床教育・研究を一丸となって実現しています。また、静岡県内各地に存在する基幹病院においても、診療・研究に高い専門性を有する部長が多数存在しており、大学外でもさらに専門教育を受けることが可能です。

新医局員募集概要
臨床研修プログラム
入局案内 新医局員募集
浜松医科大学医学部附属病院 診療案内:皮膚科
診療科案内
皮膚科
ページの先頭へ