現在、実施している研究課題(順不同)


血管浮腫の観点から見た羊水塞栓症の診断、治療、予知・予防に関する研究
胎児期低栄養による脂肪肝増悪メカニズムの解析
産科出血と妊娠高血圧症候群における母体脳酸素飽和度測定法の確立
近赤外線分光法による出生直後の新生児脳酸素モニタリング法の開発
絨毛炎の病態解析
胎生期低栄養後の肥満発症リスクの低減を目指した新たな介入方法の開発
胎盤病理所見と乳幼児期の発育・発達の比較検討
内診指接着型胎児オキシメーターを用いた新規胎児モニタリング法の開発
胎生期低栄養が小胞体ストレス応答を介して成人期の脂肪貯蓄リスクとなる機序の解析
糖鎖模倣ペプチドIF7による腫瘍標的抗がん剤の研究開発
子宮頸部異形成の新規治療法
婦人科がんの血清診断法の開発研究
子宮内細菌叢の解析
機能性過多月経における凝固線溶の関与の解析
精子運動の活発化と受精率の改善を目指したトランスレーショナル・リサーチ



多施設共同研究


トッカーレを用いた胎児機能評価に関する検討
臨床的羊水塞栓症に対するC1インヒビター濃縮製剤の検討
胎児発育不全に対するタダラフィルの臨床研究
CMVの血清診断に関する研究
周産期心筋症の予知に関する研究
妊娠中のATⅢ値に関する研究



治験


FE999901放出制御型腟投与システムの有効性及び安全性を評価する第3相試験
など



これまでに実施した研究課題(順不同)


静岡県内における絨毛性腫瘍の登録事業
静岡県内における婦人科悪性腫瘍の登録事業
卵巣癌早期発見、 早期治療のための事業
乳児ビタミンK頭蓋内出血症の予防事業
HBS 母児垂直感染の予防に関する研究
HIVの母子感染防止対策に関する研究
STDに関する研究
低出生体重児の出生原因調査事業
着床機序に関する研究
妊娠率向上に関する研究
ビクニン治療
がん転移抑制治療
子宮内膜症に関する研究
絨毛性腫瘍に関する研究
悪性腫瘍の転移とその制御に関する研究
悪性腫瘍の診断と治療法の改善
腟欠損症に対する理想的手術法の開発
女性の精神衛生に関わる研究
胎児尿由来トリプシンインヒビター腟座剤による切迫早産の治療
早産予知マーカーとしての好中球エラスターゼの測定と測定キットの開発
PROMの成因と治療に関する研究
子宮頚管の熟化機構の解明
インターロイキン-8の子宮頚管熟化作用とその臨床応用
DHASの子宮頚管熟化作用のメカニズム
子宮頚管へのストレッチングが頚管熟化作用に及ぼす影響の解明
妊娠中毒症における血管内皮障害、 血流障害に関する研究
HELLP症候群と血管攣縮に関する研究
妊娠中毒症における血液凝固の変化に関する研究
AT-IIIによる妊娠中毒症の治療
羊水塞栓症の診断法の開発
産科DICの病態と治療に関する研究
血小板活性化に関する基礎的研究
胎盤の血流保持機構に関する研究
先天性血液凝固異常と妊娠・分娩
胎盤早期剥離の発生機序に関する研究
胎児心拍数の神経制御機構に関する研究
胎児心拍数自動解析装置の開発
羊水鏡の開発
胎便吸引症候群の診断法の開発
胎動測定法に関する研究
胎児治療法に関する研究
近赤外分光測定装置による胎児脳酸素代謝の研究
分娩体位に関する研究
VBACに関する研究
妊婦の栄養代謝に関する研究
など



Copyright (c) Department of obstetrics and gynecology Hamamatsu University School of Medicine All Rights Reserved.