研修体制表


病院生殖内分泌婦人科腫瘍周産期女性のヘルスケア
浜松医科大学
浜松医療センター
聖隷浜松病院
遠州病院
聖隷三方原病院
磐田市立総合病院
中東遠総合医療センター
菊川市立総合病院
市立島田市民病院
藤枝市立総合病院
静岡県立総合病院
静岡厚生病院×
静岡市立静岡病院
静岡赤十字病院
俵IVFクリニック××
静岡県立こども病院×××
静岡済生会総合病院
富士市立中央病院
富士宮市立病院
静岡がんセンター××
聖隷沼津病院
沼津市立病院
伊東市民病院
各研修病院での専攻医指導に関する研修可能性を 4 段階(◎、◯、△、×)に評価した。




1)基幹施設
1.浜松医科大学医学部附属病院


指導責任者 金山尚裕
【初期研修医へのメッセージ】
 産科婦人科学会の専攻医指導施設認定のもと、産科、婦人科、不妊内分泌、女性医学のどの分野に関して、ほぼすべての症例を経験することができます。
 産科領域では、正常妊婦からハイリスク妊婦まで幅広い妊産婦症例を取り扱っています。麻酔科と連携して無痛分娩も行っています。また、NICU も充実しており、希望により新生児科で研修を行える用意もしています。
 婦人科領域では、主に県内の産婦人科施設より紹介いただいた患者を対象として、手術、化学療法、放射線治療、緩和医療を含めた集学的がん治療を行っています。手術では、腹腔鏡手術も多く行われており、子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮内膜症、子宮体癌などの幅広い症例を対象とした腹腔鏡手術も十分経験できる内容となっています。
 不妊・内分泌領域に関しては、不妊症・不育症の検査、人工授精、採卵・体外受精/顕微授精・胚移植と、一般不妊治療から高度生殖補助医療まで行っています。
 上述に加えて、産科 DIC・羊水塞栓症の診断、近赤外線を用いた胎児モニタリング、子宮頸部異形成に対する光線力学療法などにも力を注いでいます。
 尚、周産期・新生児、婦人科腫瘍、内視鏡、生殖内分泌の各専門分野においては、それぞれ研修施設の認定を頂いており、産婦人科専門医取得後に各スペシャリティを目指して研修も行うことができますのでご考慮頂きたいと思います。
 また、院内には女性医師支援センターが設置されており、主に出産後の女性医師の就労支援について、随時、相談を受け付けています。
指導医数 日本産科婦人科学会指導医 6 名(日本産科婦人科学会専門医 20 名)、周産期(母体胎児)指導医 2 名(周産期(母体胎児)専門医 4 名)、婦人科腫瘍指導医 1 名(婦人科腫瘍専門医 2 名)、がん治療認定教育医 1 名(がん治療認定医 3 名)、生殖医療専門医 1 名、内視鏡指導医 1 名(内視鏡技術認定医 1 名)
外来・入院患者数 外来患者数:約 1500/月
入院患者数:約 120/月
手術件数 年間約 650 件(約 50 件/月)
婦人科悪性腫瘍手術:年間約 50 件
婦人科良性開腹手術:年間約 50 件
婦人科腹腔鏡下手術:年間約 200 件(約 15 件/月)
帝王切開術:年間約 250 件(約 20 件/月)
分娩件数 年間 860 件(約 70 件/月)
経験できる
疾患
 産科、婦人科、不妊内分泌、女性医学のどの分野に関してもほぼすべての症例を経験することができます。
経験できる
手技
1)内分泌・不妊/不育症検査: 基礎体温測定、腟細胞診、頸管粘液検査、精液検査、精子‐頸管粘液適合検査、血中ホルモン測定各種、ホルモン負荷試験各種、子宮内膜日付診、感染症免疫学的検査、子宮卵管造影検査、自己抗体検査など
2)生殖補助医療: 人工授精、採卵、体外受精/胚移植、顕微授精、胚/精子凍結保存、精子採取法(他科と連携)など
3)妊娠もしくは妊娠期の検査: 免疫学的妊娠反応、超音波検査(妊娠/その他の鑑別診断、発育診断、形態異常診断、Biophysical Profile Score (BPS)、胎児・臍帯血流計測など)、胎児心拍数モニタリング、血液免疫学的検査、羊水検査など
4)分娩時の検査: 内診などによる頸管・産道の評価、胎児 well-being 診断、分娩介助、胎盤娩出法、クリステレル娩出法、無痛分娩(他科と連携)、その他分娩時の管理。
5)新生児の検査: NICU スタッフと連携。
6)がんの検査: 子宮腟部・頸部・内膜をはじめとする細胞診および組織診、コルポスコピー、超音波/CT/MRI/PET など画像検査各種、腫瘍マーカー測定など
7)絨毛性疾患検査: 基礎体温測定、ホルモン測定、超音波/胸部 X 線/CT/MRI/PET など画像検査各種検査など
8)緩和医療: IVH挿入、ポート挿入など(他科と連携あり)
9)感染症の検査: 一般細菌、原虫、真菌検査、免疫学的検査(梅毒血清学的検査、HBs 抗原検査、HCV 抗体検査、HTLV-I 検査、HIV 検査、風疹抗体、トキソプラズマ抗体、淋菌 DNA、クラミジア DNA・抗体検査など)、血液像、生化学的検査
10)放射線学的検査: 骨盤計測(入口面撮影、側面撮影)、子宮卵管造影、腎盂・膀胱造影、単純 X 線/CT/MRI/PET など画像検査各種
11)内視鏡検査: コルポスコピー、子宮鏡、腹腔鏡
12)基礎実験: 実験動物管理、DNA/RNA・タンパク質・糖鎖・脂質各種実験
経験できる
手術
産科:
会陰切開・縫合術、吸引遂娩術、鉗子遂娩術、骨盤位牽出術、腹式帝王切開術、子宮内容除去術、子宮頸管縫縮術・抜環術、妊娠合併卵巣腫瘍摘出術、産褥会陰血腫除去術、羊水穿刺術、卵管結紮術、子宮形成術、陳旧性会陰裂傷形成術
婦人科:
腹式単純子宮全摘術、腟式単純子宮全摘術、準広汎子宮全摘術、広汎子宮全摘術、子宮体癌根治術、卵巣癌根治術、外陰癌手術(他科と連携)子宮腟部円錐切除術、頸管ポリープ切除術、子宮脱手術、子宮筋腫核出術、付属器摘出術、卵巣腫瘍摘出術 、Bartholin 腺手術(造袋術、摘出術)、異所性妊娠手術、腹腔鏡下腹腔内観察、腹腔鏡下手術各種(子宮体癌手術含む)、腹水穿刺術、胸水穿刺術、皮膚腫瘤生検術
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会:専門医制度専攻医指導施設指定
日本周産期・新生児医学会:母体・胎児専門医基幹研修施設
日本周産期・新生児医学会:新生児専門医基幹研修施設
日本婦人科腫瘍学会:専門医制度指定修練施設
婦人科悪性腫瘍研究機構:JGOG 登録参加施設
日本生殖医学会:生殖医療専門医制度認定研修施設)
日本産科婦人科内視鏡学会:認定研修施設




2)連携施設群
1.浜松医療センター


指導責任者 芹沢麻里子
【初期研修医へのメッセージ】
浜松市内のすべての診療所の医師を院外主治医としたオープンシステムを取り入れ、地域のための病院として機能しています。そのため walk-in で来院する患者から搬送されてくる症例まで多岐にわたり経験することができます。地域周産期センターと院内助産システム(メディカルバースセンター)を併設しているため周産期領域においても正常からハイリスクまで多くの症例を経験できます。NICU の入院も産婦人科医中心に管理しているため産婦人科医にとって切り離せない新生児蘇生の技術も身につけることができます。
指導医数 10 名(日本産婦人科学会専門医 8 名、日本周産期・新生児学会母体胎児専門医 1 名、日本周産期・新生児学会新生児専門医 1 名、日本超音波医学会専門医 1 名)
外来・入院患者数 外来患者1765名(1 ヶ月平均)入院患者150名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 50 件/月(産科 19 件、婦人科 31 件)
分娩件数 約 110 件/月
経験できる
疾患
産科、婦人科のほぼすべての疾患
経験できる
手技
1)婦人科内分泌検査・・・基礎体温測定、腟細胞診、頸管粘液検査、ホルモン負荷テスト、各種ホルモン測定、子宮内膜検査
2)不妊(症)検査・・・基礎体温測定、卵管疎通性検査(通水、子宮卵管造影)、精子頸管粘液適合試験(Huhner テスト)、精液検査、
3)癌の検査・・・子宮腟部・頸部・内膜をはじめとする細胞診、コルポスコピー、組織診、CT、MRI、腫瘍マーカー測定
4)絨毛性疾患検査・・・基礎体温測定、ホルモン測定(絨毛性ゴナドトロピンその他)、胸部 X 線検査、超音波診断、
5)感染症の検査・・・一般細菌、原虫、真菌検査、免疫学的検査(梅毒血清学的検査、HBs 抗原検査、HCV 抗体検査、HTLV-I 検査、HIV 検査、風疹抗体、トキソプラズマ抗体、淋菌 DNA、クラミジア DNA・抗体検査など)、血液像、生化学的検査
6)放射線学的検査・・・骨盤計測(入口面撮影、側面撮影)、子宮卵管造影、胸部・腹部単純撮影法、CT、MRI、RI 検査、PET
7)内視鏡検査・・・コルポスコピー、
8)妊娠の診断・・・免疫学的妊娠反応、超音波検査(ドップラー法、断層法)
9)超音波検査・・・ドップラー法:胎児心拍聴取、断層法:骨盤腔内腫瘤(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍その他)、胎嚢、胎児頭殿長、児頭大横径、胞状奇胎、胎盤付着部位、多胎妊娠、胎児発育、胎児形態異常の診断、子宮頸管長、Biophysical Profile Score (BPS)、Amniotic Fluid Index (AFI)、血流ドップラー法、3D4D
10)出生前診断・・・羊水検査、胎児血検査、臍帯穿刺、胎児 well-being 診断、胎児形態異常診断、妊娠初期スクリーニング、ソフトマーカー
11)分娩監視法・・・陣痛計測、胎児心拍数計測
12)新生児蘇生手技(気管内挿管、マスク&バック)、新生児採血、新生児血管確保(末梢、PI カテーテル、臍帯動静脈)、
経験できる
手術
婦人科:
腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、子宮筋腫核出術、子宮腟部円錐切除術、頸管ポリープ切除術、子宮脱手術、付属器摘出術、卵巣腫瘍核出術(切除術)、卵管避妊手術、バルトリン腺手術、卵巣癌根治手術、骨盤リンパ節廓清術
産科:
帝王切開術、鉗子遂娩術、吸引遂娩術、シロッカー頸管縫縮術、子宮内容除去術、子宮外妊娠手術、卵管避妊手術、
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本周産期・新生児学会母体胎児専門医研修施設
日本周産期・新生児学会新生児専門医研修施設
日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設




2.聖隷浜松病院


指導責任者 村越 毅
【メッセージ】
 総合周産期母子医療センターとして、年間約 1,600 件の分娩と約 500 例の帝王切開を行っています。また、総合病院に併設された総合周産期母子医療センターとして、母体救急や各科合併症に対応可能であるのみならず、小児外科、小児心臓外科、小児循環器科など小児病院的な役割も担っています。また、胎児治療も行っています。
 婦人科では、地域がん診療拠点病院として、全ての婦人科癌の治療を行っています。婦人科の手術は浸潤癌が年間 90 件、腹腔鏡下手術が 360 件、骨盤臓器脱の手術が100 件を含めて年間約 950 件です。
 生殖不妊領域では、一般不妊治療から年間約 100 周期の ART に至る高度生殖医療を行っています。
 希望により NICU や産科麻酔(無痛分娩を含む)のトレーニングも可能です。産婦人科専門研修医にとっては産婦人科のすべてを学べる非常にバランスのとれた診療内容になっています。
指導医数 12 名(日本産科婦人科学会指導医 8 名、日本産科婦人科学会専門医 12 名、周産期(母体胎児)指導医 3 名、専門医 5 名、婦人科腫瘍専門医 2 名、内視鏡技術認定医 1名、超音波指導医 2 名、超音波専門医 4 名、臨床遺伝専門医 3 名)
外来・入院
患者数
外来患者 180 名(1 日平均: 産科 73 名、婦人科 73 名、不妊内分泌科 23 名)
入院患者 90 名(1 日平均: 産科 51 名、婦人科 39 名)
手術件数 約 1500 件/年 (この内、帝王切開 500 件、浸潤癌 90 件、腹腔鏡 360 件、胎児治療 20件)
分娩件数 約 1600 件/年
経験できる
疾患
産科:ほぼ全ての疾患(胎児診断、胎児治療、正常分娩、異常分娩、合併症妊娠、産科救急疾患など)
婦人科:極めて特殊な症例を除きほぼ全ての疾患
不妊生殖医療:一般不妊および高度不妊治療(体外受精、顕微授精、凍結胚移植など)
女性医学:思春期、更年期、骨盤臓器脱など
経験できる
手技
1)婦人科内分泌検査・・・基礎体温測定、腟細胞診、頸管粘液検査、ホルモン負荷テスト、各種ホルモン測定、子宮内膜検査
2)不妊(症)検査・・・基礎体温測定、卵管疎通性検査(通水、通色素、子宮卵管造影)、精子頸管粘液適合試験(Huhner テスト)、精液検査、腹腔鏡、子宮内膜検査
3)癌の検査・・・子宮腟部・頸部・内膜をはじめとする細胞診、コルポスコピー、組織診、RI検査、CT、MRI、PET、腫瘍マーカー測定
4)絨毛性疾患検査・・・基礎体温測定、ホルモン測定(絨毛性ゴナドトロピンその他)、胸部 X 線検査、超音波診断、骨盤動脈造影
5)感染症の検査・・・一般細菌、原虫、真菌検査、免疫学的検査(梅毒血清学的検査、HBs 抗原検査、HCV 抗体検査、HTLV-I 検査、HIV 検査、風疹抗体、トキソプラズマ抗体、
淋菌 DNA、クラミジア DNA・抗体検査など)、血液像、生化学的検査
6)放射線学的検査・・・骨盤計測(入口面撮影、側面撮影)、子宮卵管造影、腎盂撮影、膀胱造影、骨盤血管造影、シンチグラフィー、骨・トルコ鞍・胸部・腹部単純撮影法、CT、MRI、PET、RI 検査
7)内視鏡検査・・・コルポスコピー、子宮鏡、腹腔鏡
8)妊娠の診断・・・免疫学的妊娠反応、超音波検査(ドップラー法、断層法)
9)生化学的・免疫学的検査
10)超音波検査・・・ドップラー法:胎児心拍聴取、断層法:骨盤腔内腫瘤(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍その他)、胎嚢、胎児頭殿長、児頭大横径、胞状奇胎、胎盤付着部位、多胎妊娠、胎児発育、胎児形態異常の診断、子宮頸管長、Biophysical Profile Score(BPS)、Amniotic Fluid Index (AFI)、血流ドップラー法
11)出生前診断・・・羊水診断、胎児血検査、胎児 well-being 診断、胎児形態異常診断
12)分娩監視法・・・陣痛計測、胎児心拍数計測、血液ガス分析
13)胎児治療・・・胎児輸血、双胎間輸血症候群に対するレーザー治療、無心体双胎に対する血流遮断、胎児胸水に対する胸腔羊水腔シャント術など
経験できる
手術
【術者として】
婦人科:腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、子宮筋腫核出術、子宮腟部円錐切除術、頸管ポリープ切除術、子宮脱手術、付属器摘出術、卵巣腫瘍核出術(切除術)、外陰切除術、子宮鏡下手術、異所性妊娠手術、卵管避妊手術、Bartholin 腺手術(造袋術、摘出術)、陳旧性会陰裂傷形成術、腹腔鏡下腹腔内観察、胸水穿刺術、腹水穿刺術、皮膚腫瘤生検術、腹腔鏡下手術
産科:流産手術、吸引分娩術、鉗子分娩術、帝王切開術、外陰・腟血腫除去術、腟会陰裂傷縫合術
生殖医療:人工授精
【助手として】
婦人科:高度な腹腔鏡下手術、膀胱・尿管に関する手術、消化管・肛門に関する手術
産科:前置胎盤手術、癒着胎盤手術(子宮摘出含む)、胎盤早期剥離の帝王切開、早産
児の帝王切開、胎児治療
生殖医療:体外受精・胚移植
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本周産期新生児医学会研修施設
日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設
日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設 など




3.JA静岡厚生連遠州病院


指導責任者 鹿野 共暁
【初期研修医へのメッセージ】
 当院は地域に根ざした総合病院として多く症例を受け入れています。近隣の開業医とも協力体制は万全で、ご紹介を断らないことがモットーです。産科・婦人科一般・悪性疾患や緩和医療など、生殖医療以外なら分野を問わず数多くの症例を経験することができ、やる気さえあれば主治医から執刀まで経験してもらうことが可能です。常勤医が一致団結していることも自慢の一つなので、研修中のバックアップもお任せください。浜松駅からほど近い小奇麗な病院でアメニティも充実しています。私たちと一緒に産婦人科医としての土台作りをしませんか。
指導医数 5 名(日本産科婦人科学会専門医 5 名、
日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)1 名)
外来・入院
患者数
外来患者 1400 名(1 ヶ月平均) 入院患者 30 名
手術件数 約 30 件/月(産科 13 件、婦人科 17900/12 件)
分娩件数 約 75 件/月
経験できる
疾患
産科・婦人科のほとんどの疾患(NICU を必要とする疾患と専門的な生殖医療を除く)
経験できる
手技
産科:妊娠診断、妊婦健診、切迫早産等妊娠経過異常に対する管理、分娩管理、分娩処置(正常・吸引・会陰切開縫合等)、産褥管理
婦人科:一般外来診療・・・内診・直腸診・検体検査・画像診断等による各種疾患の診断、投薬・小手術等による治療/入院治療・・・手術患者の手術及び周術期管理、感染性疾患や悪性腫瘍患者の全身管理
生殖医療:基礎体温表の診断・各種ホルモン検査・子宮卵管造影・排卵誘発など
経験できる
手術
産科:帝王切開術、流産手術、卵管避妊手術
婦人科:腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、広汎子宮全摘出術、後腹膜リンパ節郭清、子宮筋腫核出術、子宮腟部円錐切除術、子宮脱手術、付属器摘出術、卵巣腫瘍核出術(切除術)、卵巣癌根治手術、Bartholin 腺手術(造袋術、摘出術)、腹腔鏡下手術(付属器手術・異所性妊娠手術)、腹水穿刺術
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設




4.聖隷三方原病院


指導責任者 望月 修
【初期研修医へのメッセージ】
一般市中病院として産科、婦人科、生殖と 3 領域の豊富な症例を経験できます。特に手腹腔鏡手術症例の豊富さと最先端レベルの不妊治療を誇っており、上級医とともに積極的にそれらの診療に参加できます。
指導医数 3 名(日本産科婦人科学会専門医 3 名、日本生殖医学会生殖医療専門医 1 名、腹腔鏡技術認定医 1 名)
外来・入院
患者数
外来患者 1200 名(1 ヶ月平均) 入院患者 110 名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 30 件/月(産科 10 件、婦人科 20 件)
分娩件数 約 70 件/月
経験できる
疾患
産科(NICU含む)、婦人科、生殖医療の各部門におけるほとんどの疾患
経験できる
手技
産科:妊娠診断、妊婦健診、切迫早産等妊娠経過異常に対する管理、分娩管理、分娩処置(正常・吸引・鉗子・骨盤位・帝王切開分娩、会陰切開縫合等)、新生児の診察、産褥管理
婦人科:一般外来診療・・・内診・直腸診・穿刺診・検体検査・内視鏡検査・画像診断等による各種疾患の診断、投薬・小手術等による治療/入院治療・・・手術患者の手術及び周術期管理、感染性疾患や悪性腫瘍患者の全身管理
生殖医療:不妊外来・・・基礎体温表の診断・各種ホルモン検査・精液検査・卵管検査等による診断、治療方針の立案と排卵誘発や人工授精・体外受精・顕微授精等実際の治療/入院治療・・・体外受精・顕微授精における採卵、精液処理、胚培養、胚移植、胚凍結保存・融解等
経験できる
手術
産科:帝王切開術、人工妊娠中絶術、卵管避妊手術
婦人科:腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、準広汎(拡大単純)子宮全摘出術、広汎子宮全摘出術、後腹膜リンパ節郭清、子宮筋腫核出術、子宮腟部円錐切除術、子宮脱手術、 付属器摘出術、卵巣腫瘍核出術(切除術 )、卵巣癌根治手術 Bartholin 腺手術(造袋術、摘出術)、子宮鏡下手術、腹腔鏡下手術、腹水穿刺術、皮膚腫瘤生検術
生殖医療:腹腔鏡検査、採卵
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本生殖医学会生殖医療専門医制度認定研修施設
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定研修施設




5.磐田市立総合病院


指導責任者 徳永直樹
【初期研修医へのメッセージ】
当院は静岡県中東遠地域の中核病院として、全科活力があり、初期研修病院としても大変人気の高い病院のひとつです。産科は地域周産期母子医療センターを有し、周産期の豊富な症例を経験できます。婦人科は一般的な婦人科疾患から悪性腫瘍まで、手術療法から集学的治療まで、経験可能です。また、他科との連携も容易で、日常一般外来やプライマリ・ケアも研修可能です。
指導医数 7 名(日本産科婦人科学会専門医 5 名) 日本周産期・新生児学会 母体胎児指導医 1名(母体・胎児専門医 1 名)
外来・入院
患者数
外来患者 2300 名(1 ヶ月平均) 入院患者 1100 名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 35 件/月
分娩件数 約 70 件/月
経験できる
疾患
産科、婦人科、生殖医療(ART を除く)の各部門におけるほとんどの疾患
経験できる
手技
産科:妊娠診断、妊婦健診、切迫早産等妊娠経過異常に対する管理、分娩管理、分娩処置(正常・吸引・鉗子・帝王切開分娩、会陰切開縫合等)、新生児の診察、産褥管理
婦人科:一般外来診療・・・内診・直腸診・穿刺診・検体検査・画像診断等による各種疾患の診断、投薬・小手術等による治療/入院治療・・・手術患者の手術及び周術期管理、感染性疾患や悪性腫瘍患者の治療及び全身管理
生殖医療:基礎体温表の診断・各種ホルモン検査・精液検査・卵管検査等による診断等
経験できる
手術
産科:帝王切開術、吸引分娩術、鉗子分娩術、会陰裂傷縫合術、膣外陰血腫除去術、子宮頸管縫縮術、流産手術、卵管結紮術 等
婦人科:腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、子宮悪性腫瘍手術、子宮筋腫核出術、子宮頸部円錐切除術、子宮脱手術、付属器摘出術、卵巣腫瘍核出術、卵巣癌根治手術、バルトリン腺手術(造袋術、摘出術)、腹水穿刺術、皮膚腫瘤生検術 等
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本周産期・新生児学会母体胎児専門医研修施設




6.中東遠総合医療センター


指導責任者 幸村康弘
【初期研修医へのメッセージ】
当院は静岡県中東遠地域に位置し、同地域の周産期医療における重要な位置の一つを占めています。婦人科領域では良悪性疾患の診断・手術を行っています。一般市中病院として産科、婦人科の様々な症例があります。
指導医数 4 名(日本産科婦人科学会専門医 3 名)
外来・入院
患者数
外来患者 1500(産科 800、婦人科 700)名(1 ヶ月平均)
入院患者 22 (産科 12、婦人科 10)名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 22 件/月(産科 12 件、婦人科 10 件)
分娩件数 約 44 件/月
経験できる
疾患
NICU を必要とする診療や腹腔鏡手術、子宮鏡手術、高度不妊治療等を除く産科、婦人科、生殖医療の各部門における凡その疾患
経験できる
手技
産科:妊娠診断、妊婦健診、切迫早産等妊娠経過異常に対する管理、分娩管理、分娩処置(正常・吸引・鉗子・骨盤位・帝王切開分娩、会陰切開縫合等)、産褥管理
婦人科:一般外来診療・・・内診・直腸診・穿刺診・検体検査・画像診断等による各種疾患の診断、投薬・小手術等による治療/入院治療・・・手術患者の手術及び周術期管理、感染性疾患や悪性腫瘍患者の全身管理
生殖医療:基礎体温表の診断・各種ホルモン検査・卵管検査等による診断。クロミッドによる排卵誘発やタイミング指導。
経験できる
手術
産科:帝王切開術、流産手術、卵管避妊手術
婦人科:腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、準広汎(拡大単純)子宮全摘出術、広汎子宮全摘出術、後腹膜リンパ節郭清、子宮筋腫核出術、子宮腟部円錐切除術、子宮脱手術、付属器摘出術、卵巣腫瘍核出術(切除術)、卵巣癌根治手術、Bartholin 腺手術(造袋術、摘出術)、腹水穿刺術
学会
認定
施設




7.菊川市立総合病院


指導責任者 仲谷傳生
【初期研修医へのメッセージ】
地域に根差した一般市中病院として、産婦人科における一般的な症例を専門分野に偏ることなる経験することが出来ます。
指導医数 0 名(日本産科婦人科学会専門医 1 名)
外来・入院
患者数
外来患者 800 名(1 ヶ月平均) 入院患者 20 名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 5 件/月(産科 2 件、婦人科 3 件)
分娩件数 約 15 件/月
経験できる
疾患
婦人科良性疾患、妊娠関連疾患、女性のヘルスケア領域など
経験できる
手技
外来診療を中心に一般臨床に必要な手技を習得することが可能です。
経験できる
手術
婦人科:単純子宮全摘術、付属器切除術、筋腫核出術、円錐切除術、子宮脱手術、子宮内容除去術など 産科:帝王切開術など
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設




8.市立島田市民病院


指導責任者 小松 孝之
【初期研修医へのメッセージ】
当院は平成 32 年度の開院に向け今年度から新病院建設に本格的に取りかかります。そのためには若い先生の熱意とアイデアが要求されています。当院は常勤医一人ではありますが、年間分娩数も 200 件近くあり、一人の研修医にとっては十分な産科症例を経験することができます。若い力を存分に発揮してください。
指導医数 1 名(日本産科婦人科学会専門医 1 名)
外来・入院
患者数
外来患者 550 名(1 ヶ月平均) 入院患者 25 名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 4 件/月(産科 3 件、婦人科 1 件)
分娩件数 約 15~20 件/月
経験できる
疾患
産科全般(多胎妊娠・前置胎盤を除く)、婦人科感染症・子宮筋腫・子宮内膜症・更年期障害・性器脱などの保存的治療、子宮頸部上皮内腫瘍の診断と治療、婦人科悪性腫瘍の診断とがん化学療法などを経験することができます。不妊症の専門治療と円錐切除術を除く婦人科手術は休止中です。
経験できる
手技
産科:妊婦健診(内診、超音波診断)、切迫早産の管理、分娩管理(吸引分娩、会陰切開縫合、帝王切開)
婦人科:膣分泌物顕微鏡検査、コルポスコピー、感染症や悪性腫瘍の化学療法
経験できる
手術
帝王切開術、流産手術、子宮頸部円錐切除術
学会
認定
施設
学会認定施設ではありません




9.藤枝市立総合病院


指導責任者 平井 強
【初期研修医へのメッセージ】
地域周産期母子医療センターに指定されており、志太榛原地区の産科医療の一翼を担っています、婦人科領域手術では、腹腔鏡手術を主に行っています。また放射線科(IVR)、緩和ケア科とも連携し幅広くいます。地域のニーズにあった医療の提供を目指しており、研修の際はそれらに積極的に参加し学んでください。
指導医数 3 名(日本産科婦人科学会専門医 3 名、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医1名)
外来・入院
患者数
外来患者 800 名(1ヵ月平均)入院患者 15-20 名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 27 件/月(産科 10 件、婦人科 17 件)
分娩件数 約 33 件/月
経験できる
疾患
進行婦人科癌手術、不妊症の専門診療は行っていませんが、それ以外の産科・周産期診療、腹腔鏡・子宮鏡手術を含む婦人科診療、初期の婦人科癌手術、放射線治療、緩和医療
経験できる
手技
産科:妊娠診断、妊婦健診、切迫早産等妊娠経過異常に対する管理、分娩管理、分娩処置(正常・吸引・帝王切開分娩、会陰切開縫合等)、産褥管理
婦人科:一般外来診療・・・内診・直腸診・穿刺診・検体検査(子宮腟部・頸部・内膜をはじめとする細胞診・組織診・コルポスコピー)、内視鏡検査・画像診断(CT/MRI)等による各種疾患の診断、投薬・小手術等による治療/入院治療・・・手術患者の手術及び周術期管理、感染性疾患や悪性腫瘍患者の全身管理不妊(症)検査:基礎体温測定、卵管疎通性検査(通水、通色素、子宮卵管造影)腹腔鏡検査等
経験できる
手術
産科:帝王切開術、人工妊娠中絶術、卵管避妊手術、子宮頸管縫縮術
婦人科:子宮全摘出術(*1、*2、*3)、子宮筋腫核出術(*1、*2)、子宮腟部円錐切除術、頸管ポリープ切除術、子宮脱手術、付属器摘出術(*1、*2)、卵巣腫瘍核出術(*1、*2)、Bartholin 腺手術(造袋術、摘出術)、子宮鏡下手術、腹腔鏡下手術、腹水穿刺術、皮膚腫瘤生検術
*1:腹腔鏡下、*2 腹式、*3 膣式
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設




10.静岡県立総合病院


指導責任者 小阪謙三
【初期研修医へのメッセージ】
静岡県中部の中核病院として産科、婦人科の豊富な症例を経験できます。婦人科では地域のがんセンターとしての役割を果し、特に婦人科悪性腫瘍に対する内視鏡手術の分野では全国でも有数の先進的施設といえます。ロボット(da Vinci surgical system)を用いた手術も行っています。産科部門では、母体救急救命分野で静岡県中部での中心的役割を果しています。全般に重症例が多く、やる気のある若手医師をお待ちしています。
指導医数 1 名()
外来・入院
患者数
外来患者 4000(産科 1000、婦人科 3000)名(1 ヶ月平均) 入院患者 160 (産科60、婦人科 100)名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 37 件/月(産科 12 件、婦人科 25 件)
分娩件数 約 40 件/月
経験できる
疾患
産婦人科領域のほぼすべての疾患 (体外受精を除く)
経験できる
手技
産婦人科領域のほぼすべての手技 (体外受精を除く)
経験できる
手術
産婦人科領域のほぼすべての手術(腹腔鏡下婦人科悪性腫瘍手術、ロボット手術含)
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本産科婦人科内視鏡学会認定施設




11.JA静岡厚生連静岡厚生病院


指導責任者 中山 毅
一般不妊治療から高度な内視鏡手術まで、幅広く研修できます。
多くの経験、技術の習得のお役にたてるよう支援します!
指導医数 2名(日本産科婦人科学会専門医 2 名、日本東洋医学会専門医 1 名、日本加齢医学会専門医 1 名、日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医 1 名)
外来・入院
患者数
外来患者 45.9 名(1 ヶ月平均) 入院患者 17.0 名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 43.6 件/月(産科 10.7 件、婦人科 32.9 件)
分娩件数 約 17.7 件/月
経験できる
疾患
良性疾患(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍)、不妊症、内分泌異常など
経験できる
手技
一般産婦人科診療全般
経験できる
手術
腹腔鏡手術、子宮鏡手術、卵管鏡手術、開腹手術など
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設




12.静岡市立静岡病院


指導責任者 水野薫子
【初期研修医へのメッセージ】
静岡市内の中核総合病院として、産科・婦人科ともにバランスよく豊富な症例を経験できます。産科では静岡県の地域周産期センターに指定されています。婦人科は良性疾患だけでなく、悪性腫瘍症例も多くあります。合併症のある症例も多いですが、各科との連携もよいのでいろいろ学ぶことができます。また救急症例も多く、積極的にそれらの診療に参加できます。
当院は県庁所在地である静岡市中心部にあり、アフターファイブも楽しめます。
指導医数 4 名(日本産科婦人科学会専門医 3 名)
外来・入院
患者数
外来患者 1200 名(1 ヶ月平均) 入院患者 60 名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 21 件/月(産科 6 件、婦人科 15 件)
分娩件数 約 30 件/月
経験できる
疾患
不妊症における生殖補助治療を除き、ほぼすべての産婦人科疾患を経験することができます。
産科:
正常分娩、異所性妊娠、胞状奇胎、流産、切迫流早産、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症、常位胎盤早期剥離、多胎妊娠、など
婦人科:
良性疾患(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮頸部異形成)、悪性腫瘍(子宮頚癌、子宮体癌、子宮肉腫、卵巣癌、境界悪性卵巣腫瘍)、女性ヘルスケア(子宮脱、更年期障害、骨盤腹膜炎、避妊)、生殖内分泌疾患(無月経、排卵障害、男性不妊)、など
経験できる
手技
産科:
妊娠診断、妊婦健診、超音波診断(児計測、胎児異常、胎盤位置異常、胎児胎盤機能評価、血流測定)、羊水染色体検査、切迫流早産の管理、骨盤計測(グッドマン・マルチウス)、分娩管理、胎児心拍モニター(NST)診断、分娩処置(正常分娩・吸引分娩・鉗子分娩・帝王切開分娩、会陰切開縫合)、新生児の診察、産褥管理、など
婦人科:
一般診察: 内診、直腸診、超音波診断(子宮腫瘍、卵巣腫瘍、異所性妊娠など)、画像診断(CT、MRI、DIP、RI)、血液検査(血算・生化学的・免疫学的検査)、穿刺診、手術患者の手術及び周術期管理、感染性疾患や悪性腫瘍患者の全身管理、など
腫瘍: 子宮頸部・内膜の細胞診、子宮頸部・内膜の組織診、コルポスコピー、腫瘍マーカー、化学療法、放射線療法、など
生殖内分泌: 基礎体温、ホルモン検査、頸管粘液検査、精子頸管粘液適合試験 (Huhner テスト)、子宮卵管造影検査、精液検査、排卵誘発、人工授精、腹腔鏡、など
感染症: 一般細菌、原虫、真菌検査、性病検査、HPV 検査、など女性ヘルスケア: 子宮脱のペッサリー治療、避妊法、など
経験できる
手術
産科:
帝王切開術、鉗子遂娩術、吸引遂娩術、シロッカー頸管縫縮術、子宮内容除去術、卵管避妊手術、など
婦人科:
腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、準広汎子宮全摘出術、広汎子宮全摘出術、後腹膜・傍大動脈リンパ節郭清術、子宮筋腫核出術、付属器摘出術、卵巣腫瘍核出術、円錐切除術、子宮脱手術、バルトリン腺手術(造袋術、摘出術)、腹腔鏡下手術、など
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設




13.静岡赤十字病院


指導責任者 市川 義一
指導医数 常勤:5 名 非常勤:1 名 計:6 名
外来・入院
患者数
病床数 517 床 (産婦人科 35 床)
1日当たりの平均外来患者数 76 名
手術件数 婦人科手術 約 350 件/年
分娩件数 分娩 約 600 例/年
病院の
特徴
当院は、現在常勤医師 5 名、非常勤医師 1 名で周産期、不妊症・不育症、婦人科腫瘍、更年期・ホルモン外来など様々な領域の患者さんを幅広く受け入れ、静岡中部地区の基幹病院として診療に当たっています。いわゆるメガセンターではありませんが、静岡中部地区には、大学病院や医療センターのような大規模施設がないため、非常に稀な症例や高度な管理を要する症例であっても、引き受け、治療することができる総合力が求められている施設といえます。1 年間のおおよその診療実績は、分娩件数:約 600 件、手術件数:帝王切開約 200 件、良性婦人科腫瘍手術 約 280 件(うち腹腔鏡下 100 件、子宮鏡下 30 件程度)、悪性腫瘍手術 約 80 件(うち広汎子宮全摘術は年 6-7 件、骨盤リンパ節郭清 30 件、傍大動脈リンパ節郭清 10 件程度)、体外受精:採卵 11-15 周期、胚移植 25周期、人工授精:約 140 件となっています。2016 年 1 月手術室を病棟内に備えた新病棟に移転しました。
研修の
特徴
産婦人科専門医 3 名が後期研修医の育成・サポートに当たり、専門医取得に必要とされる知識を実際の臨床の中で経験し、体と頭の双方で習得していくことを研修の目標としています。やりがいをもって、楽しく、安全に働き続けるために、産婦人科医としてのスタートを決意した後期研修時に幅広くしっかりとした基礎と、医療チームでの良好なコミュニケーションを学ぶことが重要と考えています。「安定した基礎と信頼できる医療チームの上にこそ、より専門性の高い subspecialty を積み上げることができる」というのが、当院産婦人科の教育理念です。
当院は周産期専門医、内視鏡技術認定医、癌治療認定医、細胞診専門医などの認定指導施設でもあり、産婦人科専門医取得後の subspecialty も視野にいれながら研修をすすめることができることも特徴です。後期研修においても、学会、研究会、臨床試験などへ積極的に参加していただき、日常臨床にとどまることなく、広い視野をもって未来の医療の発展に貢献できる医師の育成を目指します。
尚、院内保育所(夜間預かり有)を併設しており、妊娠・出産・育児中とも継続した研修を行うことが可能です。やる気さえあれば、自分自身のペースで産婦人科医としての経験やキャリアを積んでいける環境を構築、提供したいと考えています。
静岡赤十字病院 ホームページ http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/




14.俵IVFクリニック


指導責任者 俵史子(院長)
【初期研修医へのメッセージ】
不妊治療を専門とする施設です。集中した研修を受けることで多くの症例を経験することが可能です。男性不妊や遺伝カウンセリング、漢方療法など各専門医からの指導も受けられます。技術・知識の向上だけでなく患者対応などの医師としてのマナーや接遇も学んでください。リサーチマインドを持ち学会発表、論文作成を積極的に行っています。最新の設備を兼ねそろえた新築移転後間もない施設で、最先端の不妊治療を経験してください。静岡県では生殖医療を専門とする医師がまだまだ少なく、将来一人でも多くの専門医が増えてくれることを願いつつ指導を行いたいと思います。
指導医数 2 名(日本産科婦人科学会専門医 2 名、日本生殖医学会生殖医療専門医 1 名)
他非常勤 6 名:泌尿器科専門医、臨床遺伝専門医、日本東洋医学会専門医、日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
外来・入院
患者数
外来患者 2700 名(1 ヶ月平均) 入院なし
手術件数 採卵 約 100 件/月
胚移植 約 120 件/月
流産手術・子宮内膜掻把術 約 10 件/月
分娩件数 0 件/月
経験できる
疾患
不妊症全般(男性不妊症含む)、不育症、遺伝性疾患等に対する遺伝カウンセリング・遺伝子検査、初期妊娠管理、妊孕性温存卵子・精子凍結
経験できる
手技
採卵、胚移植(経子宮筋層的胚移植含)、人工授精、培養技術(検卵、媒精、顕微授精、胚凍結、胚融解、精子凍結)、子宮鏡検査、子宮卵管造影検査など
経験できる
手術
流産手術、子宮内膜掻把術
卵管鏡下卵管形成術(FT)及び顕微鏡下精巣精子採取術(microTESE)は連携施設での出張手術。
学会
認定
施設
日本生殖医学会認定研修施設
俵IVFクリニック ホームページ http://www.tawara-ivf.jp/




15.静岡県立こども病院


指導責任者 西口富三
【初期研修医へのメッセージ】
高次周産期施設として、ハイリスク妊娠管理や胎児診断・治療などについて研修を積むことができます。また、手術を含め、上級医とともに積極的にそれらの診療に参加できます。症例のもつ現在の問題点の抽出とともに、今後予測されるリスクを考慮した診療を学んでください。
指導医数 1名(日本産科婦人科学会専門医 4 名、日本周産期学会母体胎児専門医 2 名)
外来・入院
患者数
外来患者 240 名(産科 235 婦人科 5) 入院患者 のべ 575 名 (産科 575)(1 ヶ月平均)
手術件数 約 14 件/月(帝王切開術および頸管縫縮術、等 14 件、年に性器奇形手術や帝切時子宮摘出手術も数件あります)
分娩件数 約 15 件/月
経験できる
疾患
1)産科疾患(主にハイリスク妊娠)、希望があれば NICU 研修可、切迫流早産、超未熟児出生、前期破水、頸管無力症・円錐切除後妊娠、胎児異常、産科合併症(常位胎盤早期剥離、前置胎盤、等)、多胎妊娠、絨毛膜下血腫、胎児発育不全、血液型不適合妊娠、胎児機能不全、合併症妊娠(糖尿病、甲状腺疾患、等)
2)思春期内分泌
経験できる
手技
1) 胎児診断:心エコーを含めた胎児評価(超音波検査)、胎児機能評価、MRI 診断
2) 羊水検査、臍帯穿刺
3) 分娩監視:胎児心拍数モニタリングの評価、分娩遷延時における原因分析(骨盤撮影読影、等)
4) 深部静脈血栓症の評価:造影CT、超音波診断
5) 内分泌動態評価:思春期
6) 性器奇形の診断・処置
経験できる
手術
帝王切開術(超未熟児出産も含め)、帝切時子宮摘出術
頸管縫縮術(胎胞膨隆症例、頸管短縮症例、予防的縫縮術)
卵巣嚢腫摘出術
卵管避妊手術
子宮内容除去術(胎盤遺残も含め)
性器奇形手術
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本周産期・新生児学会母体胎児専門医研修施設




16.静岡済生会総合病院


指導責任者 田村 圭浩
【初期研修医へのメッセージ】
当院は婦人科領域ではほぼすべての疾患を扱っております。周産期では正常分娩のみならず、県指定地域周産期母子医療センターとして合併症妊娠、妊娠合併症の母体搬送を受け入れており、多数の症例を経験できます。
指導医数 7 名(日本産科婦人科学会専門医 5 名、日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医 1 名)
外来・入院
患者数
外来患者 2000 名(1 ヶ月平均) 入院患者 100 名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 40 件/月(産科 20 件、婦人科 20 件)
分娩件数 約 50 件/月
経験できる
疾患
一部の診療(生殖補助医療)を除いて産科、婦人科、一般不妊治療の各部門におけるほとんどの疾患
経験できる
手技
産科:妊娠診断、妊婦健診、分娩管理、分娩処置(正常・吸引・鉗子・帝王切開分娩、会陰切開縫合等)、合併症妊娠・妊娠合併症の診断・治療計画立案・管理、産褥管理
婦人科:一般外来診療・・・内診・直腸診・超音波・病理検査・検体検査・画像診断等による各種疾患の診断、治療(手術・入院管理・薬物治療)悪性腫瘍患者の検査、診断、治療計画立案、手術、全身管理、術後治療
生殖医療:一般不妊治療・・・基礎体温表の診断、各種ホルモン検査、精液検査、卵管検査等による診断、治療計画立案、排卵誘発・人工授精・腹腔鏡手術など実際の治療
経験できる
手術
産科:正常・吸引・鉗子・帝王切開分娩、会陰切開縫合、子宮頚管縫縮手術、子宮外妊娠手術、人工妊娠中絶術、卵管避妊手術
婦人科:腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、準広汎子宮全摘出術、広汎子宮全摘出術、卵巣癌根治手術、後腹膜・傍大動脈リンパ節郭清術、子宮筋腫摘出術、子宮腟部円錐切除術、子宮脱手術、付属器摘出術、卵巣腫瘍摘出術、子宮鏡下手術、腹腔鏡下手術
生殖医療:子宮鏡下手術、腹腔鏡下手術
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設




17.富士市立中央病院


指導責任者 鈴木康之
【初期研修医へのメッセージ】
市内唯一の総合病院として産科、婦人科の豊富な症例(頻度の高い症例から希少な症例まで)を経験できます。産科においては地域周産期母子医療センターとして静岡県東部の重要な役割を担っています。婦人科領域では良性疾患の腹腔鏡下手術が増えており、不妊治療においては生殖補助医療技術も経験できます。
指導医数 1 名(日本産科婦人科学会専門医 4 名)
外来・入院
患者数
外来患者 110 名(1 日平均) 入院患者 37 名 (1 日平均)
手術件数 約 60 件/月(産科 18 件、婦人科 27 件)
分娩件数 約 60 件/月
経験できる
疾患
一部の治療(放射線腔内照射)を除く産科、婦人科、生殖医療の各部門におけるほとんどの疾患
経験できる
手技
産科:妊娠診断、妊婦健診、切迫早産等妊娠経過異常に対する管理、分娩管理、分娩処置(正常・吸引・鉗子・骨盤位・帝王切開分娩、会陰切開縫合等)、新生児の診察、産褥管理
婦人科:一般外来診療・・・内診・直腸診・穿刺診・検体検査・内視鏡検査・画像診断等による各種疾患の診断、投薬・小手術等による治療/入院治療・・・手術患者の手術及び周術期管理、感染性疾患や悪性腫瘍患者の全身管理
生殖医療:不妊外来・・・基礎体温表の診断・各種ホルモン検査・精液検査・卵管検査等による診断、治療方針の立案と排卵誘発や人工授精・体外受精・顕微授精等実際の治
療/入院治療・・・体外受精・顕微授精における採卵、精液処理、胚培養、胚移植、胚凍結保存・融解等
経験できる
手術
産科:帝王切開術、子宮頸管縫縮術、人工妊娠中絶術、卵管避妊手術
婦人科:腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、準広汎(拡大単純)子宮全摘出術、広汎子宮全摘出術、後腹膜リンパ節郭清、子宮筋腫核出術、子宮頚部円錐切除術、子宮脱手術、付属器摘出術、卵巣腫瘍核出術、卵巣癌根治手術、Bartholin 腺手術(造袋術、摘出術)、子宮鏡下手術、腹腔鏡下手術、腹水穿刺術、皮膚腫瘤生検術
生殖医療:腹腔鏡検査
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本周産期新生児学会母体胎児専門医研修施設




18.富士宮市立病院


指導責任者 土井 貴之
【初期研修医へのメッセージ】
富士・富士宮と山梨峡南地区の総人口 40 万の医療圏を支える2つの総合病院の片翼を当院産婦人科は担っています。症例は多岐に渡りますので、自らの経験が積める病院です。児の誕生から、悪性腫瘍患者さんの緩和支持療まで全人的な医療を行っています
指導医数 3 名(日本産科婦人科学会専門医3名、周産期(母体・胎児)専門医1名、がん治療認定医1名)
外来・入院
患者数
外来患者 1800 名(1 ヶ月平均) 入院患者 540 名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 24 件/月(産科 7~15 件、婦人科 8~16 件)
分娩件数 約 30 件/月
経験できる
疾患
高度生殖医療を除く、産科、婦人科の各部門におけるほとんどの疾患
経験できる
手技
産科:妊娠診断、妊婦検診、切迫早産や妊娠高血圧症候群等の妊娠異常に対する管理、分娩管理・分娩処置(正常・会陰切開、縫合・吸引・帝王切開、弛緩出血)、産褥管理、母体搬送患者の受け入れやその管理
婦人科:一般外来診...内診、超音波検査、画像診断入院治療…手術患者の周手術期管理、感染性疾患、悪性腫瘍患者の化学療法の実際、緩和支持医療
生殖医療:基礎体温表の診断、ホルモン検査、精液検査、子宮卵管造影等による診断。排卵誘発、超音波による卵胞計測、タイミング指導、人工授精による治療
経験できる
手術
産科:流産手術、人工妊娠中絶、帝王切開術、卵管結さつ術、子宮頚管縫縮術
婦人科:腹式子宮全摘術、膣式子宮全摘術、子宮脱手術、後腹膜リンパ郭清術、筋腫核出、子宮頸部円錐切除、附属器摘出、卵巣嚢腫核出、腹腔鏡下手術、筋腫捻除術、卵巣悪性腫瘍手術、子宮悪性腫瘍手術、バルトリン腺造袋術
生殖医療:腹腔鏡下卵巣多孔術
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度 卒後研修指導施設
日本周産期・新生児医学会 母体胎児専門医研修施設




19.静岡県立静岡がんセンター


指導責任者 平嶋 泰之
【メッセージ】
 手術件数が年間 350 件以上あり、広汎性子宮全摘術も毎年 40 件前後行われております。後腹膜リンパ節郭清術(広汎性子宮全摘術を含む)も年間 100 件以上行われており、国内で有数の手術数です。レジデントは可能な限り手術に立ち会い、多くの症例を経験できます。また、経験だけに頼らない、解剖学に基づいた論理的な手術を指導することを心がけているので、技術だけでなく婦人科手術に関する基本的な考え方も学ぶことができます。3 年間の在籍で、婦人科腫瘍専門医の受験資格である 15 例の広汎性子宮全摘術執刀を目指します。また、当科には腹腔鏡下手術の技術認定医が在籍しており、腹腔鏡下手術も近年積極的に行っているため、がんに対する腹腔鏡下手術の技術も身につけることが可能です。  放射線治療科、画像診断科・病理診断科とのカンファランスがそれぞれ週 1 回、婦人科内でのカンファランスが週 2 回行われており、多科の医師、多職種で症例を検討しながら治療方針を決定します。  学会発表、論文執筆も活発に行われています。レジデントにも積極的な学会発表、論文執筆をお願いしています。また、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)、婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)、関西臨床腫瘍研究会(KCOG)に加わり、多くの臨床試験にその計画から参加し、多数の症例登録を行っています。これらのグループに参加することによって、臨床試験に対する論理的な考え方、具体的なプロトコールの書き方、臨床試験のマネージメントの実際、倫理的な思考などを身につけることが可能です。また、当科では日常診療で標準的抗がん剤治療の実践を多数例経験できますが、婦人科領域の臨床試験や新薬の治験では抗がん剤治療が関わるものが多いため、最新の抗がん剤治療、安全な抗がん剤治療に関しても理解を深めることができます。興味のある方はご連絡をお願いします。また、見学も随時可能ですので是非一度いらして下さい。
指導医数 日本産科婦人科学会専門医 8 名、日本婦人科腫瘍学会専門医6名
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医1名
外来・入院
患者数
外来患者 60名/日 入院患者 34名/日
手術件数 約38件/月(産科0件、婦人科38件)
分娩件数 約0件/月
経験できる
疾患
・子宮頚癌、子宮体癌 ・卵巣癌、卵管癌、腹膜癌 ・膣癌 ・外陰癌 ・絨毛癌 ・転移性癌
経験できる
手技
婦人科:一般外来診療・・・内診・直腸診・穿刺診・検体検査・内視鏡検査・画像診断等による各種疾患の診断、投薬・小手術等による治療/入院治療・・・手術患者の手術及び周術期管理、感染性疾患や悪性腫瘍患者の全身管理
経験できる
手術
婦人科:腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、準広汎(拡大)子宮全摘出術、広汎子宮全摘出術、後腹膜リンパ節郭清、子宮腟部円錐切除術、付属器摘出術、卵巣腫瘍核出術(切除術)、卵巣癌根治手術、腹腔鏡下手術、腹水穿刺術
学会
認定
施設
日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定研修施設
婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)登録参加認定施設
Japan Clinical Oncology Group(JCOG)参加認定施設
GOG-Japan 参加認定施設
日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設(2016 年 4 月~予定)




20.聖隷沼津病院


指導責任者 山道 玄
【初期研修医へのメッセージ】
当院は静岡県東部の産婦人科医療を支えています。周産期は正常妊娠を主体とした周産期診療を行っていますが、NICU が併設されており早産、ハイリスク分娩にも対応しています。婦人科領域は•子宮内膜症、子宮筋腫をはじめとした一般婦人科疾患を対象として、診断・治療を行っています。骨盤臓器脱の専門外来があり、専門的な診断とメッシュ手術を含めた治療を行っています。
指導医数 4 名(日本産科婦人科学会専門医 4 名)
外来・入院
患者数
外来患者 800 名(1ヵ月平均)、入院患者 20 名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 25 件/月
分娩件数 約 25 件/月
経験できる
疾患
産科、婦人科、生殖医療(ART を除く)、女性ヘルスケアの各部門におけるほとんどの疾患
経験できる
手技
産科:妊娠診断、妊婦健診、切迫早産等妊娠経過異常に対する管理、分娩管理、分娩処置(正常・吸引・鉗子・帝王切開分娩、会陰切開縫合等)、新生児の診察、産褥管理
婦人科:一般外来診療・・・内診・直腸診・穿刺診・検体検査・画像診断等による各種疾患の診断、投薬・小手術等による治療/入院治療・・・手術患者の手術及び周術期管理、感染性疾患や悪性腫瘍患者の治療及び全身管理
生殖医療:基礎体温表の診断・各種ホルモン検査・精液検査・卵管検査等による診断等
経験できる
手術
産科:帝王切開術、吸引分娩術、鉗子分娩術、会陰裂傷縫合術、膣外陰血腫除去術、子宮頸管縫縮術、流産手術、卵管結紮術 等
婦人科:腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、子宮悪性腫瘍手術、子宮筋腫核出術、子宮頸部円錐切除術、子宮脱手術、付属器摘出術、卵巣腫瘍核出術、卵巣癌根治手術、バルトリン腺手術(造袋術、摘出術)、腹水穿刺術、皮膚腫瘤生検術 等
学会
認定
施設
学会認定施設ではありません




21.沼津市立病院


指導責任者 内藤 成美
【初期研修医へのメッセージ】
静岡県東部に位置し、周産期においては地域母子周産期センターとして重要な位置を占めています。
婦人科領域では良性疾患を中心に診療を行っており、腹腔鏡・子宮鏡手術を始め幅広い手術を行っています。
指導医数 2 名(1 名は非常勤)
外来・入院
患者数
外来患者 1000名(1 ヶ月平均) 入院患者 100名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 50件/月(産科20件、婦人科30件)
分娩件数 約 30件/月
経験できる
疾患
産科、婦人科、生殖医療の各部門におけるほとんどの疾患
経験できる
手技
処置(正常・吸引・鉗子・骨盤位・帝王切開分娩、会陰切開縫合等)、新生児の診察、産褥管理
婦人科:一般外来診療・・・内診・直腸診・穿刺診・検体検査・内視鏡検査・画像診断等による各種疾患の診断、投薬・小手術等による治療/入院治療・・・手術患者の手術及び周術期管理、感染性疾患や悪性腫瘍患者の全身管理
生殖医療:不妊外来・・・基礎体温表の診断・各種ホルモン検査・精液検査・卵管検査等による診断、治療方針の立案と排卵誘発や人工授精・体外受精等実際の治療/入院治療・・・体外受精における採卵、精液処理、胚培養、胚移植、胚凍結保存・融解等
経験できる
手術
婦人科: 腹式単純子宮全摘出術、腟式単純子宮全摘出術、子宮筋腫核出術、子宮腟部円錐切除術、頸管ポリープ切除術、子宮脱手術、付属器摘出術、卵巣腫瘍核出術(切除術)、卵管避妊手術、バルトリン腺手術、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術、マイクロ波子宮内膜焼却術
産科: 帝王切開術、鉗子遂娩術、吸引遂娩術、シロッカー頸管縫縮術、子宮内容除去術、腹腔鏡下子宮外妊娠手術
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設




22.伊東市民病院


指導責任者 荒堀 憲二
【初期研修医へのメッセージ】
当院の特徴を 2 つ挙げれば救急医療とそれを支える教育・研修ですが、周産期医療は静岡県東部・伊豆半島では極めて重要となっています。救急に関しては、伊豆半島東部で 24 時間 365 日の 2 次救急医療を使命として取り組む、地域の基幹病院です。また教育・研修に関しては、救急医療と総合診療の技能向上を目指して初期研修、後期研修とも東京ベイ市川浦安病院と共同で屋根瓦式のプログラムを実施しています。28 年度からは九州の麻生飯塚病院からも後期研修医を受け入れます。早朝からのカンファレンスに若手医師は自発的に参加しています。また看護部ではNDC ナース(医療業務を行う看護師)の養成を開始するなど、職員のキャリア育成に全病院的に取り組んでいます。
当院の産婦人科の特徴は、正常分娩については助産師が主体性を持って管理するので、医師はそれを見守る役割に徹しハイリスク妊娠に傾注します。鉗子分娩や外回転も特徴の一つです。婦人科ではがん症例がふえ、広汎全摘術などのがん手術が毎月 3 例程度あり、腫瘍外来が忙しくなっています。また月 1 回思春期婦人科外来があり、思春期婦人科も学ぶことができます。週 1 回の外来・病棟の症例検討会で妊婦の問題点や予定手術患者の情報を共有しています。また月 1 回の経営カンファは多職種が集まり産婦人科患者の診療報酬等を勉強します。

専攻医の到達目標は以下のとおりです
① 自然分娩の経過をじっくり観察でき、異常分娩を遅滞なく発見できる。
② 指導者の下で社会的、身体的ハイリスク妊婦の管理ができる
③ 通常の妊婦検診、婦人科初診外来ができる
④ 婦人科がん手術の助手ができる
⑤ がん患者に寄り添える
⑥ 指導者の下で流産手術、円錐切除術、良性疾患の手術執刀ができる
⑦ 症例の報告/ペーパ発表、を 1 例以上行う
指導医数 1 名
外来・入院
患者数
外来患者 3,545 名(1 ヶ月平均) 入院患者 193 名(1 ヶ月平均)
手術件数 約 23 件/月(産科 6 件、婦人科 17 件)
分娩件数 約 27 件/月
経験できる
疾患
切迫早産、卵巣のう腫、妊娠糖尿病、稽留流産、壁内子宮平滑筋腫、卵巣腫瘍、子宮粘膜下筋腫、子宮頸部高度異形成、欄干膨大部妊娠、子宮膝部癌、子宮頚癌、子宮内膜癌、胎盤早期剥離、子宮頚部上皮内癌、切迫流産、卵巣癌、完全子宮脱、中 部骨産道狭窄症、子宮筋腫等
経験できる
手技
頸管粘液検査、腹部超音波、切迫流産検査、切迫早産検査、胎盤関連検査、細胞診採取、組織診採取、膣・外陰炎に係る検査、性病に関する検査等
経験できる
手術
血管塞栓術、肛門尖圭コンジローム切除術、経尿道的尿管ステント留置術、バルトリン腺膿胞摘出術・造袋術、女子外性器腫瘍摘出術、膣腸瘻閉鎖術、膣閉鎖症術、膣断端挙上術、子宮内膜掻爬術、子宮鏡下子宮内膜焼灼術、子宮脱手術、子宮頸部切除術、子宮頸部異形成上皮又は上皮内癌レーザー照射治療、子宮筋腫核出術、子宮内膜ポリープ切除術、子宮鏡下子宮筋腫摘出術、子宮全摘術、子宮悪性腫瘍手術、子宮付属器腫瘍摘出術、帝王切開術、流産手術、子宮内容除去術、子宮外妊娠手術
学会
認定
施設
日本産科婦人科学会専門医制度連携型専攻医指導施設




Copyright (c) Department of obstetrics and gynecology Hamamatsu University School of Medicine All Rights Reserved.