一般・患者さま向け 研究活動

研究概要

 浜松医科大学小児科学教室は1975年4月に開設され、1977年11月より同附属病院小児科での診療が開始されました。それ以降、一貫して静岡県の医科大学として診療、研究、教育において中心的役割を担っています。
 診療面では、内分泌・代謝、血液・腫瘍、循環器、神経、腎臓などのすでに多くの実績のある分野のみならず、新生児・周産期、臨床遺伝などの分野の充実を図っています。研究面では、すべての分野で共有できる分子遺伝学的手法を中心に据えて、臨床研究者でなければなしえない疾患成立機序の解明や新規治療法の開発を目指します。教育面では、特に卒後研修において、小児科専門医およびその後の各領域専門医の取得と共に、学位取得のロードマップを示しています。
 これからの小児科においては、従来の小児疾患(Pediatrics)だけではなく、アレルギー、精神保健、男子外性器低形成など、環境変化に伴う小児保健(Child Health)が重要となってきます。このような時代のニーズに対応できる多様な人材の育成を目指します。

研究グループ

当教室では、以下のグループに分かれ、それぞれの分野において研究活動を行っております。
詳細は研究内容・研究業績を参照してください。


また、当教室が中心となって小児科学に関するレクチャーを開催しているほか、
以下のような研究会・講習会にも携わっております。

  • 静岡小児症例検討会
  • 静岡こども病院とのテレビ会議(循環器グループ)
  • 静岡小児血液・がん研究会
  • 静岡小児免疫抑制療法研究会
  • 静岡小児アレルギー研究会
  • 東海小児アレルギー談話会
  • 新生児蘇生法講習会
  • 静岡小児神経研究会

研究内容

内分泌・代謝グループ

当研究グループのミッション・目標は、胎児期から生殖年齢期までの内分泌疾患(特に性分化異常・生殖機能障害、成長障害)および先天奇形症候群を主たる対象として、単一遺伝子疾患、インプリンティング疾患・エピジェネティクス疾患、および、多因子疾患の観点から分子遺伝学的解析および機能解析を行い、その成果を医療や社会に還元することである。したがって、われわれは、その研究手法として、ある疾患(例えば、性分化疾患)の発症を、単一責任遺伝子の変異、エピジェネティクス異常に起因するメチル化変化や発現量低下、遺伝的感受性および遺伝-環境相互作用の観点から包括的に解析する。そして、単一遺伝子疾患およびインプリンティング疾患・エピジェネティクス疾患の解析では、新規原因遺伝子の発見、疾患成立機序の解明、遺伝子型-表現型解析による臨床像や予後の解明および現行治療効果の判定、迅速かつ正確な診断法の確立、新規原因療法の開発を目指す。多因子疾患の解析では、疾患感受性遺伝子多型、環境反応性遺伝子多型、薬剤応答性遺伝子多型の同定と、それに基づく疾患発症機序の解明、社会環境の評価(内分泌撹乱物質など)、対症療法の適正化と重篤な副作用の回避を目指す。

単一遺伝子疾患研究

1. 性分化・生殖機能障害、成長障害、先天奇形症候群、骨系統疾患における新規責任遺伝子の同定と機能解析
2. 既知責任遺伝子の遺伝子型-表現型による臨床像の決定、重症度修飾因子の解明、現行治療効果の判定、新規治療法の開発

● インプリンティング異常症・エピジェネティクス異常症研究

1. ヒトインプリンティング異常症における疾患成立機序の解明とそれに基づく治療法の開発

2. 内分泌撹乱化学物質暴露による標的遺伝子メチル化異常および発現異常の解明

3. 生殖補助医療におけるインプリンティング異常症発症リスクの評価

● 多因子疾患研究

1. 内分泌撹乱物質感受性多型・ハプロタイプの同定と機能解析
2. 特発性低身長の感受性多型・ハプロタイプの同定と機能解析
3. 小児期発症1型糖尿病の感受性多型・ハプロタイプの同定と機能解析

4. 早発性卵巣機能不全の感受性多型・ハプロタイプの同定と機能解析

【代表的論文】

  • Rao E,Ogata T, Rappold GA, et al. Pseudoautosomal deletions encompassing a novel homeobox gene cause growth failure in idiopathic short stature and Turner syndrome. Nat Genet16 (1): 54–63, 1997.
  • Kitamura K,Ogata TT, Morohashi K, et al. Mutation of ARX causes abnormal development of forebrain and testes in mice and X-linked lissencephaly with abnormal genitalia in humans. Nat Genet 32 (3): 359–369, 2002.
  • Fukami M,Ogata T(最終著者). CXorf6 is a causative gene for hypospadias. Nat Genet38 (12): 1369–1371, 2006.
  • Fukami M*,Ogata T, et al.(最終著者). Transactivation function of a ~800 bp evolutionally conserved sequence at the SHOX 3’ region: implication for the downstream enhancer. Am J Hum Genet78 (1): 167–170, 2006.
  • Kagami M,Ogata T, et al.(最終著者). Deletions and epimutations affecting the human 14q32.2 imprinted region in individuals with paternal and maternal upd(14)-like phenotypes. Nat Genet40 (2): 237–242, 2008.
  • Sekita Y,Ogata T, Ishino F, et al. Role of retrotransposon-derived imprinted gene, Rtl1, in the feto-maternal interface of mouse placenta. Nat Genet 40 (2): 243–248, 2008.
  • Kagami M,Ogata T, et al.(最終著者). The IG-DMR and the MEG3-DMR at human chromosome 14q32.2: hierarchical interaction and distinct functional properties as imprinting control centers. PLoS Genet 6 (6): e1000992, 2010.
  • Fuke T,Ogata T, et al.(最終著者). Molecular and clinical studies in 138 Japanese patients with Silver-Russell syndrome. PLoS One(accepted).

血液・腫瘍グループ

血液・腫瘍グループで扱う疾患には再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病などの良性血液疾患のほか、急性白血病や悪性リンパ腫などの造血器腫瘍だけでなく、神経芽腫、肝芽腫、骨肉腫、脳腫瘍といった固形腫瘍も扱っております。このため、以下のような臨床研究や基礎研究を行っております。

● 小児の血液・腫瘍性疾患に対する多施設共同治療研究への参加

今日では小児の血液・腫瘍性疾患の治療は臨床研究として多施設共同治療研究により行われることが一般的となっており、臨床研究の成果により治療成績が向上してきております。当院は日本白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG 白血病/悪性リンパ腫)、日本神経芽腫研究グループ(JNBSG 神経芽腫)、日本小児脳腫瘍コンソーシアム(JPBTC 脳腫瘍)、日本小児肝癌スタディグループ(JPLT 肝芽腫)、日本ウィルムス腫瘍スタディグループ(JWiTS ウィルムス腫瘍)などの多施設共同治療研究グループに参加し、治療を行っています。
これら以外にも、愛知医科大学小児科との共同研究である「アスパラギン合成酵素を特異的に認識するモノクローナル抗体の臨床応用に関する研究」や北里大学薬学部との共同研究である「小児血液がん患者を対象としたメルカプトプリン・メトトレキサート療法の効果・副作用に影響を及ぼす因子の検討」も実施しております。

● 白血病細胞における抗がん剤耐性と耐性獲得機序

抗がん剤に対する白血病細胞の耐性は治療成績を大きく左右することは明白であり、耐性化機序の解明から耐性の克服さらには治療成績の改善へとつなげることができればと考えております。当科では以前よりどのような抗がん剤が白血病細胞に対して効果があるかを調べる抗がん剤薬剤感受性試験を実施しております。このため、日本全国の小児白血病診療施設よりから抗がん剤感受性試験の依頼のため、多数の小児白血病の検体が送られてきております。これらの臨床検体を用いて抗がん剤感受性試験を行い、貴重なデータを集積しています。これまでに私たちが得た知見は学会であるいは論文として発表されています。今後も本研究を継続・発展させ、小児白血病の治療の改善に貢献できる成果をあげることを目指しています。

 

● 臨床研究実施のお知らせ

 ~小児科の外来診療あるいは入院診療を受けられた患者さまへ~
 ~当院小児科で白血病細胞の薬剤感受性試験を受けられた患者さまへ~
「小児がん患者のがん細胞における細胞死に関わる遺伝的素因の探索」研究への協力のお願い

「8q24転座を有するB前駆細胞型急性リンパ性白血病の病態および治療法に関する後方視的調査研究」に関する情報公開

・「稀少小児脳腫瘍(PNET・松果体芽腫・上衣腫・脳幹グリオーマ)の予後に関する臨床的要因を検討する後方視的調査研究」に関する情報公開

「小児脳腫瘍(髄芽腫・胚細胞腫)の再発理由および再発後予後に関する臨床的要因を検討する後方視的調査研究」に関する情報公開
「平成21年7月から平成24年11月に当院小児科で急性リンパ性白血病と診断され、治療が行われた患者さまとそのご家族へ
研究の実施に関するお知らせ」

「20歳未満で発症する血液疾患と小児がん患者さまとそのご家族へ
研究の実施に関するお知らせ」

「2007年6月1日から2016年5月31日までに浜松医科大学医学部附属病院小児科で亡くなられた小児がん患者さまのご家族へ
研究の実施に関するお知らせ」

「小児慢性骨髄性白血病の後方視的長期予後調査」 情報公開文書

・「ASNS遺伝子メチル化状態研究」 情報公開文書

小児がん患者におけるカテーテル関連血流感染症に関する後方視的研究 倫理審査承認書

・進行期CML臨床像についての後方視的観察研究 情報公開文書

小児血液・腫瘍疾患の発症と治療経過に関する体細胞系列および生殖細胞系列の遺伝子変異の検出 情報公開文書

JMML晩期合併症調査 情報公開文書

7番染色体の欠失を伴う造血器疾患におけるSAMD9/SAMD9L遺伝子の解析

ESFTに対するTMZ使用実態調査 情報公開文書

再発急性リンパ性白血病の遺伝子解析 情報公開文書

小児血液疾患・小児がんの発症や治療経過に関わる因子の多面的な解析 情報公開文書

JCCG 病理・免疫中央診断を利用した進行期リンパ芽球性 リンパ腫の治療抵抗・再発症例に対する後方視的研究 情報公開文書

20歳未満に発症する血液疾患と小児がんに関する疫学研究 情報公開文書

小児造血細胞移植ドナーの安全性に関する疫学観察研究 情報公開文書

小児ランゲルハンス細胞組織球症患者のMAPK 経路遺伝子変異と臨床像および晩期合併症との関連性の検討 情報公開文書

小児血液腫瘍性疾患を対象とした二次がん発症に関するケースコントロール研究(JACLS SN-17) 情報公開文書

 

循環器グループ

浜松医科大学小児循環器科グループでは岩島、石川の2名の小児循環器専門医による小児循環器関連の臨床、教育、研究を行っています。


● 臨床

先天性心疾患の診断(胎児含む)、治療、小児に特有の不整脈の診断、治療、学校心電図健診における精密検査、成人先天性心疾患の診断、治療等を行っています。病棟では主に小児循環器関連症例の入院治療管理と重症患者の循環管理のアドバイス等を行っています。静岡県内における小児循環器の診療の充実と発展に貢献のため静岡県内中部、東部地区の症例については2011年からは静岡こども病院とインターネット回線を用いたネットカンファレンスを月に1回行い、西部地区の症例については月1回、聖隷浜松病院小児循環器、心臓血管外科と当院および聖隷病院における症例のカンファレンスを行っています。心エコー検査は平成17年から導入した正常新生児スクリーニングエコーの影響もあり年々増加傾向にあり平成24年度1835件、うち胎児心エコー33件です。エコー機器はGE社のVivid-q、および平成24年度からPhilips社最新のIE33が導入され3DエコーとQLABシステムを用いた研究も同時に行うことが可能となりました。エコー検査については当院での研修で心臓以外の臓器を含めた十分な臨床技術を習得することが可能です。心臓カテーテル検査は平成24年度の心カテ件数37件で概ね毎年40件前後のカテ件数です。浜松医大関連病院の小児循環器外来には岩島が主に磐田市立病院、中東遠総合医療センター、菊川市立病院、遠州病院、湖西市立病院、石川が主に浜松医療センター、浜松日赤病院、御前崎市立病院に定期的に出向し小児循環器外来を行っています。

 

● 教育

小児循環器専門医を目指す医師のため静岡県内の施設と診療協力を行い、県立静岡こども病院と小児循環器専門修練施設群となり小児循環器専門医の研修施設として認定をうけています。小児循環器専門医獲得には十分な症例の経験が必要なため、現在では症例豊富な県立静岡こども病院、あいち小児保健医療総合センターなどへの施設へ研修をお願いしています。研究部門における教育も充実しており研修中には研究会、学会での発表を必須とし、さらに論文作成の指導を行っています。

[研究]研究部門においては小児循環器学会や関連学会へ積極的に参加し発表を行ってきました。平成22~24年度における研究論文は岩島の小児生活習慣病に関連した研究、川崎病の研究、石川の先天性心疾患の疫学研究、関井先生の胎児心機能評価の研究など多くの実績を残せることができました。また浜松医科大学放射線科と小児心臓MRIの研究を開始しました。なかなか発表した成果を論文にするには、さらなる努力が必要でまだまだ十分ではありませんが、多くの先生のご協力のもといつくかの報告をまとめることができました。

 

● 現在行われている疫学研究のお知らせ
・不妊治療と先天性心疾患の発症率について
・PISA (proximal isovelocity surface area)法を用いた心エコー検査による動脈管開存症(PDA)の評価
・川崎病の関連する遺伝子解析に関する多施設共同研究
・日本Pediatric International Cardiologyデータベース(Japan Pediatric International Cardiology Detabase, JPIC-DB)へのオンライン症例登録

 

【論文】

  • Ishikawa, T, Iwashima S, Ohishi A, Nakagawa, Y, Ohzeki, T. Prevalence of congenital heart disease assessed by echocardiography in 2067 consecutive newborns Acta Paediatr. 2011 Aug;100(8):e55-60. [IF=2.073]
  • Iwashima S, Ishikawa T, Akira O, Itou H. Association of Abdominal Aortic Wall Thickness in the Newborn with Maternal Factors. Am J Perinatol. 2012 Mar 7. [Epub ahead of print]  [IF=1.118]
  • Sekii K, Ishikawa T, Ogata T, Itoh H, Iwashima S. Fetal myocardial tissue Doppler indices before birth physiologically change in proportion to body size adjusted for gestational age in low-risk term pregnancies. Early Hum Dev. 2012 Jan 12. [Epub ahead of print] [IF=2.046]
  • Iwashima S, Akira O, Ishikawa T, Ohzeki T. Continuous central venous oxygen saturation monitoring in a neonate. Pediatr Int. 2012 Feb;54(1):144-7. [0.755]
  • Iwashima, S, Kimura, M, Ishikawa, T, Ohzeki, T. Importance of C-Reactive Protein Level in Predicting Non-Response to Additional Intravenous Immunoglobulin Treatment in Children with Kawasaki Disease. A Retrospective Study. Clin Drug Investig ; 31 (3): 1-9, 2011. [1.822]
  • Iwashima S, Ishikawa T, Ohzeki T, Endou Y. Delayed enhancement cardiac magnetic resonance imaging in propionic acidemia. Pediatr Cardiol.;31(6):884-6. 2010. [1.298]
  • Ishikawa T, Iwashima S, Ohzeki T. Effect of cibenzoline on biventricular pressure gradients in a pediatric patient with hypertrophic obstructive cardiomyopathy.
  • Pediatr Cardiol. 31(5):707-10. 2010 [1.298]
  • Iwashima, S, Nakagawa, Y, Ishikawa, T, Sano, S, Satake, E, Nagata, N, Ohzeki, T. Abdominal Obesity is Associated with Cardiovascular Risk in Japanese Children and Adolescents. J Pediatr Endocr Met 24:51-54,2011 [0.875]
  • Iwashima S, Ishikawa T. B-type natriuretic peptide and N-terminal pro-BNP in the acute phase of Kawasaki disease.  World J Pediatr. 2013 Jan 18. [Epub ahead of print] [1.216]
  • Sekii K, Itoh H, Ogata T, Iwashima S. Possible contribution of fetal size and gestational age to myocardial tissue Doppler velocities in preterm fetuses.  Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 2012 Oct 29. doi:pii: S0301-2115(12)00451-4. [IF=1.974]
  • Iwashima S, Ishikawa T.  Ophthalmic artery Doppler waveform in the newborn. Circ J. 2012;76(8):2009-14. Epub 2012 May 11. [3.766]
  • Sekii K, Itoh H, Ogata T, Iwashima S.  Deterioration of myocardial tissue Doppler indices in a case of fetal hydrothorax as a promising indication for clinical intervention before the development of nonimmune hydrops fetalis.  Arch Gynecol Obstet. 2012 Oct;286(4):1079-80. doi: 10.1007/s00404-012-2375-6. Epub 2012 May 23. [IF=1.277

神経グループ

小児神経の分野では、筋ジストロフィーや脊髄性筋萎縮症、重症筋無力症などの神経筋疾患、自閉性障害、知的障害、注意欠陥多動性障害(AD/HD)、学習障害などの発達障害、脳性麻痺、てんかんなどのけいれん性疾患、ミトコンドリア病、糖原病やリソゾーム病などの先天代謝異常症、結節性硬化症などの神経皮膚症候群、神経変性疾患、チック障害など、脳、神経、筋の症状をもつ小児の診療を行い、診療に基づいた臨床研究を行っています。 その他専門的な研究としては以下の研究を行っています

●糖原病(肝型および筋型:Pompe病やMcArdle病など)、代謝性ミオパチーの生化学的検査(酵素測定)、遺伝子解析を自治医科大学小児科との共同研究で行っています。

●糖原病の診断治療ガイドライン(先天代謝異常学会)の作成を行っています。

●原因が明らかにされていない発達障害の原因解析をアレーCGHや遺伝子解析などの手法を用いて行っています。

●その他、全国医療機関と協力しリソゾーム病、ムコ多糖症、色素性乾皮症の臨床研究を行っています。

腎臓グループ

● 臨床研究として腎炎治療の免疫抑制剤としてシクロスポリンの少量投与をおこなっています。体重あたり2mg/kg/日以下にして腎障害などの副作用に対して安全といわれている量で初期治療を選択しています。

● また、血漿交換時のNa濃度を少し高め(140mEq/L)にして、血圧の変動を最小限にできるかの検討もおこなっています。

免疫・アレルギーグループ

アレルギー疾患は今や国民病ともいわれ、患者さんが増加する一方、その診療内容も日進月歩です。当教室では科学的に立証された診断・治療法を積極的に取り入れ、患者様に安全かつ有効な診療を提供しつつ、臨床研究へ応用し地域や世界に向けた情報発信を行っております。

 ・ 食物アレルギーの経口免疫療法

 ・ アトピー性皮膚炎のプロアクティブ療法

 ・ アレルギーマーチの病態解明に関する研究

また、若年性特発性関節炎などの“小児リウマチ性疾患”、潰瘍性大腸炎、クローン病に代表される“炎症性腸疾患”、川崎病、血管性紫斑病などの“血管炎症候群”など“免疫の異常”により発症する疾患に対して抗サイトカイン療法など高度な医療を提供し地域の患者様に貢献いたします

新生児・周産期グループ

●私たちの活動の場は附属病院周産母子センターです。新生児部門はNICU(新生児集中治療病床)6床、GCU(growing care unit、新生児回復期治療室)6床の合計12床で運営しており、年間の入院数は約190件です。低出生体重児や早産児の診療を中心に、呼吸障害、感染症、先天異常や多胎など、緊急性の高い新生児期のさまざまな疾患に24時間365日対応しています。NICUでは呼吸管理や輸液管理など集中治療を必要とする新生児の診療を行い、GCUではNICUでの集中治療を終えたけれども、退院まではまだ時間が必要な児や黄疸に対する光線療法などの診療を行っています。
●産科の正常新生児に対しても、診察と超音波検査(脳、心臓、腎臓など)、聴覚スクリーニング検査を行っております。
●研究テーマ:
 ・ 先天奇形症候群の診断
 ・ 胎児・胎盤の成長・発達における遺伝および環境因子の検討
 ・ 新生児ビタミンK欠乏性出血症予防のための簡便な血液凝固系スクリーニング
 ・ 新生児副腎の超音波学的検討
 ・ 共同研究:
     乳児における斜頭症・絶壁頭の防止用具の開発-試作品の効果検証-
          代表研究者:久保田君枝(浜松医科大学 臨床看護学講座)
 ・ 研究協力:
     厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)
       周産期医療の質と安全の向上のための研究
          代表研究者:楠田聡(東京女子医科大学母子総合医療センター)  
     厚生労働科学研究育成疾患克服等次世代育成基盤研究事業 
       HTLV-1抗体陽性妊婦からの出生児のコホート研究
          代表研究者:板橋家頭夫(昭和大学医学部小児科学講座)
●症例検討会等
 ・ 新生児症例検討会(毎月)
 ・ 新生児リサーチカンファランス(隔月)

これらをメインテーマとした臨床研究を行っております。

このページの先頭へ