一般・患者さま向け 社会貢献活動

患者様支援活動

 浜松医科大学附属病院の4階西病棟に位置します。小児共同病棟としては全43床で、小児科病床数としては28床あります。11部屋の個室のうち2部屋は無菌室としての設備が完備されており、白血病や悪性腫瘍の子どもたちへの治療だけでなく、造血幹細胞移植時にも使用されています。空気清浄機を設置したプレイルームは免疫能力の低下した子どもでも遊べ、絵本や単行本、ビデオも揃っているため、明るく親しみやすく子どもたち の憩いの場になっています。そしてボランティア学生、看護師、若く元気な医師が中心となっての各種イベント(ひな祭り・七夕会・ハロウィン・クリスマス会など)も定期的に行われています。
 入院している子どもたちの疾患は、白血病・悪性リンパ腫等の悪性腫瘍疾患が約5分の1を占めますが、糖尿病・甲状腺疾患等の内分泌・代謝性疾患、心臓疾患、腎臓疾患、神経疾患、免疫・膠原病・アレルギーなどの疾患に対してもそれぞれの専門医が中心となり積極的に診療を行っております。もちろん、気管支炎、肺炎、胃腸炎など の急性感染症の入院治療も行っていますが、最近は神経性食欲不振症・不登校等の小児の精神的疾患や心身症の入院治療も目立つようになってきました。小児外科疾患も小児外科と協力して適切に手術・術後管理も行っています。
 私たちの小児科病棟の特徴は小児科内の各分野の専門家が揃っていて診療にあたっていることと、浜松市内で唯一の院内学級(小学校・中学校)が併設されている点です。長期入院患児にとっては勉学の遅れを心配しなくてよいだけでなく、医療者のいない子どもたちだけ(および学校の先生と)の空間や世界を持つことにより、入院中に驚くような成長が認められるようになりました。

チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)

 家とはまったく違う場所。見慣れない器具や大勢の人、痛みをともなう処置やいろんな検査、病気からくる痛みや不安、身近にいる家族の不安そうな顔・・・。  病院環境は誰にとっても不安やストレスを感じる場所といえます。そんな大人でさえ少し心細くなる環境は、不安や痛みを表現しにくい子どもたちにとって、時に多くの不安や混乱を招きます。
 「子どもだからわからない」と言って子どもに説明をしなかったり、激しく嫌がる子どもを数人がかりで押さえつけて処置をしたりなど、子どもの不安を増幅させてしまうような光景も病院ではよく見かけます。
 そんな毎日成長し続ける子どもたちにあわせ、子どもや家族ができるだけ安心して病院生活を送れるように当院ではチャイルド・ライフ・スペシャルストがお手伝いします。 &br
 チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)は、慣れない入院生活や病院環境における子どもと家族のストレスをできるかぎり軽減し、同時にこどもの成 長・発達を支援する専門職です。仕事内容はプレイルームやベッドサイドでの子どもに合わせた遊びの援助、子どもの理解力に応じた治療・処置などの説明、治療・処置における精神的サポート、兄弟姉妹の援助、医療スタッフへの情報提供など多岐にわたります。医療者とも連携して、「こわい・いたい・つらい」病院から「こわい・いたい・つらい・・・でも、がんばれる」と子どもが感じられるようにサポートをしています。
 当院では平日の8時半から15時半の間CLSが勤務しております。
 ご要望やご意見などありましたら遠慮なくご相談ください。

すまいるハートの会

 (子どものがんで治療中・治療後の家族を支援する会)
 2009年7月より浜松医科大学附属病院小児科の先生のご協力を得て始まりました「すまいるハートの会」も1年半を過ぎました。

 今年度も下記の日程で開催していく予定です、現在治療中の患者様やご家族様が病院または教育の場でより良い医療と教育を受けられるようにと心より願っています。少人数での話し合いを中心にお悩みやご不安な点を聞かせていただけたらと思っています。

今までの「すまいるハートの会」での話し合いをご紹介します。

*退院後の不安  *成長に伴っての悩み
*学校の対応と教師との係わり *容姿に関しての悩み
*夫婦間や家族との意思の相違について *学校での友達関係の悩み
*医療者の対応への疑問 *緩和医療への理解について
*心のケアのできる相談者の必要性  など

2012年開催予定日
 各月、第一日曜日、午前10時より、浜松医科大学附属病院内、院内学級「たんぽぽ学級」にて行います
2月5日、3月4日、4月1日、5月6日、7月8日、8月5日、9月2日、10月7日、12月2日

 都合により変更がある事がありますので、詳細のお問い合わせまたご意見ご希望がありましたらお問い合わせ下さい。
連絡先  代表世話人  加藤真弓

このページの先頭へ