医療関係者・学生向け 入局のご案内

小児科医を志している皆様へ

診療責任者  教授 宮入 烈教授 緒方 勤

 

 小児科医は「子どもの総合医」です。これは小児の多様な疾患を診療すると同時に、すべての子どもの成長と発達を見守り、幸せな人生を送れるように支援することを意味します。浜松医科大学小児科の研修ブログラムでは、市中の最前線で一般診療、乳幼児検診、予防接種などを通して子どもを診る力を養い、急性疾患に対応出来る技術や知識を身に着けます。更に大学病院や基幹病院では、小児特有の基礎疾患の専門診療を通して複雑な病態や高度な医学的知識を学びます。その先には、様々なキャリアパスがあります。例えば、現時点では答えのない医学的な問題を解決するためには自らが専門領域を突き詰め、physician scientistとして正面からこれに挑む必要があります。そのための、国内外への留学や学位取得までの道筋を、当プログラムでは描く事ができます。開業して地域医療を担う上でも、当教室のもつネットワークは重要な役割を果たします。
大学病院では、多数の小児科subspecialty専門医が互いに連携しながら、多様な疾患を扱っています。そのため、内分泌・臨床遺伝、神経・発達遅滞、循環器、感染・免疫・アレルギー、血液・腫瘍、腎臓、新生児など種々の小児科分野の研修が可能であり、複数の分野において研修認定施設となっています。これは、本教室の大きな特長となっています。また、本学小児科は、約360万人が居住する静岡県の唯一の医科大学として、先進医療・先端研究、周産期医療、小児がん、小児救急、希少難治性疾患、スクリーニングなどの分野においてリーダーシップを発揮すると共に、日本小児科学会静岡地方会や地域小児科医会と連携し、地域医療にも貢献しています。
県内で研修先として連携している市中病院は9箇所あり、経験豊富な指導医のもと数多くの患者を診療する機会が得られます。繰り返し丁寧に患者さんに接することで、医師としての姿勢や小児科医としての軸が築かれます。各施設は合同でカンファレンスなどを行い、連携しながらプログラムを充実させています。研修を通して出会った患者・家族、指導医と仲間は小児科医としての核になるので、この時期をどのように過ごすかは極めて重要です。優れた小児科医を育成する事自体が、当教室に活力をもたらす最善策だと捉え、教室員一同力を入れています。皆様をお待ちしています。


研修案内

浜松医科大学小児科専門研修プログラム

2021年度の最終採用人数は9名でした。

 

2022年度浜松医科大学小児科専門研修プログラム」 
公表されている専門研修プログラムは学会による一次審査を通過したものであり、機構による二次審査の結果、
修正・変更がありうることをご承知おきください。」
応募は日本専門医機構の案内にしたがって行ってください。  プログラムはこちら(PDF)

 

小児科各専門領域の専攻医取得、サブスペシャリティー研修

 後期研修終了後(卒後5年目以降)はサブスペシャリティー(臨床&研究)の研修を開始し、小児科専攻医取得準備を同時進行で進める。分野の選択は各自の希望を優先し、期間は約2~3年間を予定。
 
※「サブスペシャリティー」とは「臓器/器官別専門医」のことで、各領域(循環器、神経、アレルギー、免疫、血液腫瘍、内分泌など)の専門家を目指します。

サブスペシャリティー研修

  • 1.研修施設は浜松医大または国内外施設を選択(国立成育医療研究センター、埼玉県立小児医療センター、
  •   あいち小児保健医療総合センター、国立精神神経医療研究センター病院など)
  • 2.研修後の専門知識・技術の発展・還元
  • 3.研修開始施設は基本的に大学とする
  • 4.臨床では専攻医の取得を目指す
  • 5.研究では学位の取得を目指す

海外留学

 海外留学としてはスイス、イギリス、米国といった国々に留学をしています。

女性医師のために

  • 1.産休・子育て等で休職しても復帰しやすい環境を提供します。(配偶者の勤務先なども考慮します)
  • 2.再研修も可能です。
  • 3.子育てしながら常勤・非常勤勤務可能な職場を提供します。
  • 4.小児科女医の会があります。
  • 5.さまざまなワークスタイルを選択した「ロールモデル」として、女性医師の話を聞く機会を積極的に提供します。
  • 6.ワーク・ライフ・バランス・男女ともに働きやすい職場のための意識改革に積極的にとりくむ医局を目指します。

大学における指導責任者

【 内分泌・臨床遺伝 】 緒方 勤(特命研究教授)
【 神経 】   福田冬季子(特任教授)、石垣英俊(助教)
【 内分泌 】 藤澤泰子(病院准教授) 、小野裕之(助教)
【 新生児 】 飯嶋重雄(特任教授)、大石 彰(病院講師)、上野大蔵(特任助教)
【 血液・腫瘍 】 坂口公祥(講師) 、清水大輔(助教)
【 循環器 】 石川貴充(病院准教授)、内山弘基(診療助教)

【 腎臓 】   内田博之(診療助教)、北形綾一(診療助教)
【 アレルギー・免疫 】 夏目 統(助教)、安岡竜平(特任助教)

 

研修・見学のお問い合わせ

 浜松医科大学小児科学教室では、多くの医師を募集しています。
下見、見学等も大歓迎です。学生の方は、夏休みなどを利用されるのも良いかと存じます。
ご見学、研修のご相談は常時メールまたは電話、FAXで受け付けております。下記にお問い合わせ下さい。

 

担当 :  夏目 統 ・ 瀬川祐貴

〒431-3192
静岡県浜松市東区半田山一丁目20番1号
浜松医科大学
小児科学教室
E-mail : info-ped@hama-med.ac.jp
TEL:053-435-2312
FAX:053-435-2311

このページの先頭へ