医療関係者・学生向け 診療グループ紹介

研究活動

当教室では、以下のグループに分かれ、それぞれの分野において研究活動を行っております。
詳細は研究内容・研究業績を参照してください。


また、当教室が中心となって小児科学に関するレクチャーを開催しているほか、
以下のような研究会・講習会にも携わっております。

  • 静岡小児症例検討会
  • 静岡こども病院とのテレビ会議(循環器グループ)
  • 静岡小児血液・がん研究会
  • 静岡小児免疫抑制療法研究会
  • 静岡小児アレルギー研究会
  • 東海小児アレルギー談話会
  • 新生児蘇生法講習会
  • 静岡小児神経研究会

研究内容

内分泌・代謝グループ

当研究グループのミッション・目標は、胎児期から生殖年齢期までの内分泌疾患(特に性分化異常・生殖機能障害、成長障害)および先天奇形症候群を主たる対象として、単一遺伝子疾患、インプリンティング疾患・エピジェネティクス疾患、および、多因子疾患の観点から分子遺伝学的解析および機能解析を行い、その成果を医療や社会に還元することである。したがって、われわれは、その研究手法として、ある疾患(例えば、性分化疾患)の発症を、単一責任遺伝子の変異、エピジェネティクス異常に起因するメチル化変化や発現量低下、遺伝的感受性および遺伝-環境相互作用の観点から包括的に解析する。そして、単一遺伝子疾患およびインプリンティング疾患・エピジェネティクス疾患の解析では、新規原因遺伝子の発見、疾患成立機序の解明、遺伝子型-表現型解析による臨床像や予後の解明および現行治療効果の判定、迅速かつ正確な診断法の確立、新規原因療法の開発を目指す。多因子疾患の解析では、疾患感受性遺伝子多型、環境反応性遺伝子多型、薬剤応答性遺伝子多型の同定と、それに基づく疾患発症機序の解明、社会環境の評価(内分泌撹乱物質など)、対症療法の適正化と重篤な副作用の回避を目指す。

単一遺伝子疾患研究

1. 性分化・生殖機能障害、成長障害、先天奇形症候群、骨系統疾患における新規責任遺伝子の同定と機能解析
2. 既知責任遺伝子の遺伝子型-表現型による臨床像の決定、重症度修飾因子の解明、現行治療効果の判定、新規治療法の開発

● インプリンティング異常症・エピジェネティクス異常症研究

1. ヒトインプリンティング異常症における疾患成立機序の解明とそれに基づく治療法の開発

2. 内分泌撹乱化学物質暴露による標的遺伝子メチル化異常および発現異常の解明

3. 生殖補助医療におけるインプリンティング異常症発症リスクの評価

● 多因子疾患研究

1. 内分泌撹乱物質感受性多型・ハプロタイプの同定と機能解析
2. 特発性低身長の感受性多型・ハプロタイプの同定と機能解析
3. 小児期発症1型糖尿病の感受性多型・ハプロタイプの同定と機能解析

4. 早発性卵巣機能不全の感受性多型・ハプロタイプの同定と機能解析

【代表的論文】

  • Rao E,Ogata T, Rappold GA, et al. Pseudoautosomal deletions encompassing a novel homeobox gene cause growth failure in idiopathic short stature and Turner syndrome. Nat Genet16 (1): 54–63, 1997.
  • Kitamura K,Ogata T, Morohashi K, et al. Mutation of ARX causes abnormal development of forebrain and testes in mice and X-linked lissencephaly with abnormal genitalia in humans. Nat Genet 32 (3): 359–369, 2002.
  • Fukami M,Ogata T(最終著者). CXorf6 is a causative gene for hypospadias. Nat Genet38 (12): 1369–1371, 2006.
  • Fukami M*,Ogata T, et al.(最終著者). Transactivation function of a ~800 bp evolutionally conserved sequence at the SHOX 3’ region: implication for the downstream enhancer. Am J Hum Genet78 (1): 167–170, 2006.
  • Kagami M,Ogata T, et al.(最終著者). Deletions and epimutations affecting the human 14q32.2 imprinted region in individuals with paternal and maternal upd(14)-like phenotypes. Nat Genet40 (2): 237–242, 2008.
  • Sekita YOgata T, Ishino F, et al. Role of retrotransposon-derived imprinted gene, Rtl1, in the feto-maternal interface of mouse placenta. Nat Genet 40 (2): 243–248, 2008.
  • Kagami M,Ogata T, et al.(最終著者). The IG-DMR and the MEG3-DMR at human chromosome 14q32.2: hierarchical interaction and distinct functional properties as imprinting control centers. PLoS Genet 6 (6): e1000992, 2010.
  • Fuke T,Ogata T, et al.(最終著者). Molecular and clinical studies in 138 Japanese patients with Silver-Russell syndrome. PLoS One(accepted).

【その他英文論文約300編】

 

血液・腫瘍グループ

血液・腫瘍グループで扱う疾患には再生不良性貧血や特発性血小板減少性紫斑病などの良性血液疾患のほか、急性白血病や悪性リンパ腫などの造血器腫瘍だけでなく、神経芽腫、肝芽腫、骨肉腫、脳腫瘍といった固形腫瘍も扱っております。このため、以下のような臨床研究や基礎研究を行っております。

● 小児の血液・腫瘍性疾患に対する多施設共同治療研究への参加

今日では小児の血液・腫瘍性疾患の治療は臨床研究として多施設共同治療研究により行われることが一般的となっており、臨床研究の成果により治療成績が向上してきております。当院は日本白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG 白血病/悪性リンパ腫)、日本神経芽腫研究グループ(JNBSG 神経芽腫)、日本小児脳腫瘍コンソーシアム(JPBTC 脳腫瘍)、日本小児肝癌スタディグループ(JPLT 肝芽腫)、日本ウィルムス腫瘍スタディグループ(JWiTS ウィルムス腫瘍)などの多施設共同治療研究グループに参加し、治療を行っています。
これら以外にも、愛知医科大学小児科との共同研究である「アスパラギン合成酵素を特異的に認識するモノクローナル抗体の臨床応用に関する研究」や北里大学薬学部との共同研究である「小児血液がん患者を対象としたメルカプトプリン・メトトレキサート療法の効果・副作用に影響を及ぼす因子の検討」も実施しております。

● 白血病細胞における抗がん剤耐性と耐性獲得機序

抗がん剤に対する白血病細胞の耐性は治療成績を大きく左右することは明白であり、耐性化機序の解明から耐性の克服さらには治療成績の改善へとつなげることができればと考えております。当科では以前よりどのような抗がん剤が白血病細胞に対して効果があるかを調べる抗がん剤薬剤感受性試験を実施しております。このため、日本全国の小児白血病診療施設よりから抗がん剤感受性試験の依頼のため、多数の小児白血病の検体が送られてきております。これらの臨床検体を用いて抗がん剤感受性試験を行い、貴重なデータを集積しています。これまでに私たちが得た知見は学会であるいは論文として発表されています。現在は耐性化の機序に、エピジェネティクスが重要な関与していると推測しており、公的研究費を得て、解明のための研究を行っております。また、薬剤代謝、薬剤輸送、アポトーシスの経路の個人差なども耐性化の機序に重要ではないかと考えております。今後も本研究を継続・発展させ、小児白血病の治療の改善に貢献できる成果をあげることを目指しています。
※抗がん剤感受性試験を御希望される際には事前に担当者に御連絡ください。
担当: 清水大輔、坂口公祥
TEL: 053-435-2312、FAX: 053-435-2311

 

● 臨床研究実施のお知らせ
 ~小児科の外来診療あるいは入院診療を受けられた患者さまへ~
 ~当院小児科で白血病細胞の薬剤感受性試験を受けられた患者さまへ~

「小児がん患者のがん細胞における細胞死に関わる遺伝的素因の探索」研究への協力のお願い

● 過去の論文
<英文>

  1. Fujii Y, Hongo T, Nakagawa Y, et al. Cell culture of small round cell tumor originating in the thoracopulmonary region. Evidence for derivation from a primitive pluripotent cell. Cancer, 64:43-51, 1989
  2. Fujii Y, Matui Y, Nakagawa Y, et al. Translocation t(12;16)(q13;p11) in myxoid liposarcoma of a child and implication of the human int-1 gene in tumorigenesis. Jpn J Cancer Res, 80:958-962, 1989
  3. Fujii Y, Nakagawa Y, Hongo T, et al. [Cell line of small round cell tumor originating in the chest wall: W-ES]. Hum Cell, 2:190-191, 1989
  4. Hongo T, Fujii Y, Igarashi Y. An in vitro chemosensitivity test for the screening of anti-cancer drugs in childhood leukemia. Cancer, 65:1263-1272, 1990
  5. Fujii Y, Hongo T, Masui H, et al. Angiotensin-induced hypertension chemotherapy in children with advanced solid tumors. Acta Paediatr Jpn, 33:381-383, 1991
  6. Hongo T, Fujii Y. In vitro chemosensitivity of lymphoblasts at relapse in childhood leukemia using the MTT assay. Int J Hematol, 54:219-230, 1991
  7. Hongo T, Fujii Y, Fukuoka T, et al. Long-term treatment in infantile choriocarcinoma. Acta Paediatr Jpn, 34:52-59, 1992
  8. Fujii Y, Hongo T, Hayashi Y. Chromosome analysis of brain tumors in childhood. Genes Chromosomes Cancer, 11:205-215, 1994
  9. Hongo T, Fujii Y, Yajima S, et al. Analysis of the circumstances of death of 56 children suffering from cancer: proposal for the development of terminal medicine in Japan. Acta Paediatr Jpn, 37:604-609, 1995
  10. Hongo T, Yajima S, Sakurai M, et al. In vitro drug sensitivity testing can predict induction failure and early relapse of childhood acute lymphoblastic leukemia. Blood, 89:2959-2965, 1997
  11. Hongo T, Yamada S, Yajima S, et al. Biological characteristics and prognostic value of in vitro three-drug resistance to prednisolone, L-asparaginase, and vincristine in childhood acute lymphoblastic leukemia. Int J Hematol, 70:268-277, 1999
  12. Watanabe C, Yajima S, Taguchi T, et al. Successful unrelated bone marrow transplantation for a patient with chronic granulomatous disease and associated resistant pneumonitis and Aspergillus osteomyelitis. Bone Marrow Transplant, 28:83-87, 2001
  13. Yamada S, Hongo T, Okada S, et al. Clinical relevance of in vitro chemoresistance in childhood acute myeloid leukemia. Leukemia, 15:1892-1897, 2001
  14. Yamada S, Hongo T, Okada S, et al. Distinctive multidrug sensitivity and outcome of acute erythroblastic and megakaryoblastic leukemia in children with Down syndrome. Int J Hematol, 74:428-436, 2001
  15. Hongo T, Okada S, Inoue N, et al. Two groups of Philadelphia chromosome-positive childhood acute lymphoblastic leukemia classified by pretreatment multidrug sensitivity or resistance in in vitro testing. Int J Hematol, 76:251-259, 2002
  16. Hongo T, Okada S, Ohzeki T, et al. Low plasma levels of hemostatic proteins during the induction phase in children with acute lymphoblastic leukemia: A retrospective study by the JACLS. Japan Association of Childhood Leukemia Study. Pediatr Int, 44:293-299, 2002
  17. Fujii Y, Watanabe C, Okada S, et al. Analysis of the circumstances at the end of life in children with cancer: a single institution's experience in Japan. Pediatr Int, 45:54-59, 2003
  18. Hongo T, Watanabe C, Okada S, et al. Analysis of the circumstances at the end of life in children with cancer: symptoms, suffering and acceptance. Pediatr Int, 45:60-64, 2003
  19. Okada S, Hongo T, Yamada S, et al. In vitro efficacy of l-asparaginase in childhood acute myeloid leukaemia. Br J Haematol, 123:802-809, 2003
  20. Okada S, Hongo T, Sakaguchi K, et al. Pilot study of ifosfamide/carboplatin/etoposide (ICE) for peripheral blood stem cell mobilization in patients with high-risk or relapsed medulloblastoma. Childs Nerv Syst, 23:407-413, 2007
  21. Sai S, Nakagawa Y, Sakaguchi K, et al. Differential regulation of 11beta-hydroxysteroid dehydrogenase-1 by dexamethasone in glucocorticoid-sensitive and -resistant childhood lymphoblastic leukemia. Leuk Res, 33:1696-1698, 2009
  22. Sai S, Nakagawa Y, Yamaguchi R, et al. Expression of 11beta-hydroxysteroid dehydrogenase 2 contributes to glucocorticoid resistance in lymphoblastic leukemia cells. Leuk Res, 35:1644-1648, 2011
  23. Takahashi H, Koh K, Kato M, et al. Acute myeloid leukemia with mediastinal myeloid sarcoma refractory to acute myeloid leukemia therapy but responsive to L-asparaginase. Int J Hematol, 96:136-140, 2012
  24. Takahashi H, Nagatoshi Y, Kato M, et al. Multifocal skin lesions and melena with thrombocytopenia in an infant. J Pediatr, 160:524-524 e521, 2012
  25. Takahashi H, Koh K, Kato M, et al. The feasibility of Erwinia asparaginase for pediatric patients who developed an allergic reaction to E.coli asparaginase during treatment of acute lymphoblastic leukemia. Rinsho Ketsueki, 54:370-377, 2013
  26. Takahashi H, Kato M, Kikuchi A, et al. Delayed short-term administration of granulocyte colony-stimulating factor is a good mobilization strategy for harvesting autologous peripheral blood stem cells in pediatric patients with solid tumors. Pediatr Transplant, 17:688-693, 2013

<和文>

  1. 本郷 輝明, 藤井 裕治, 中島 成剛. 小児癌進行例に対する多剤併用療法(T-2プロトコル)の治療成績. 小児科臨床, 36:1540-1544, 1983
  2. 本郷 輝明, 小川 治夫, 竹広 晃, 他. 内分泌障害を呈している小児悪性腫瘍長期生存例の思春期における問題点について. 思春期学, 3:39-44, 1985
  3. 本郷 輝明, 水野 義仁, 原口 惣一, 他. マイクロプレート培養・生存細胞染色法による簡便な制癌剤感受性試験の開発. 癌と化学療法, 13:247-254, 1986
  4. 藤井 裕治, 水野 義仁, 本郷 輝明, 他. 悪性腫瘍患児10例における染色体脆弱部位(fragile site)の検討. 日本小児科学会雑誌, 91:1122-1129, 1987
  5. 藤井 裕治, 本郷 輝明, 水野 義仁, 他. 小児悪性固形腫瘍長期生存例の発達と晩期障害について. 小児科臨床, 40:1259-1265, 1987
  6. 藤井 裕治, 本郷 輝明, 那須田 馨, 他. TAM (Transient Abnormal Myelopoiesis)の経過中巨核芽球の増加を認めたDown症候群の1例. 日本小児科学会雑誌, 91:990-992, 1987
  7. 藤井 裕治, 本郷 輝明, 堀越 泰雄, 他. メソトレキセート超大量投与患児における脳波周波数分析. 癌と化学療法, 14:659-667, 1987
  8. 藤井 裕治, 本郷 輝明, 木許 英樹, 他. 二次癌として骨肉腫の発生をみた両眼性網膜芽細胞腫の1例. 小児科診療, 50:1591-1594, 1987
  9. 本郷 輝明, 藤井 裕治, 水野 義仁. 〔皮膚のリンフォーマ〕小児の皮膚リンフォーマ. 皮膚科MOOK:176-186, 1987
  10. 本郷 輝明, 藤井 裕治, 水野 義仁, 他. マイクロプレート短期培養・MTT dye還元法による制癌剤感受性試験. 癌と化学療法, 14:472-478, 1987
  11. 本郷 輝明, 藤井 裕治, 水野 義仁, 他. 急性白血病・悪性リンパ腫15例における制癌剤感受性試験と臨床成績. 癌と化学療法, 14:416-420, 1987
  12. 藤井 裕治, 水野 義仁, 本郷 輝明, 他. High Dose Methotrexateによる白質脳症を来した小児非ホジキンリンパ腫における経時的脳波周波数分析. 癌と化学療法, 15:713-717, 1988
  13. 藤井 裕治, 千葉 貴子, 本郷 輝明, 他. PIT (passive immune thrombocytopenia)新生児例における免疫グロブリン大量療法. Medical Postgraduates, 26:534-537, 1988
  14. 藤井 裕治, 本郷 輝明, 五十嵐 良雄. メトトレキサート(MTX)中等量投与患児における脳波周波数分析の継時的検討. 臨床血液, 29:2062-2067, 1988
  15. 藤井 裕治, 本郷 輝明, 五十嵐 良雄. Ara-C大量投与時の継続的脳波周波数分析. 日本小児科学会雑誌, 92:912-917, 1988
  16. 本郷 輝明, 藤井 裕治, 千葉 貴子, 他. マイクロプレート短期培養・MTTdye還元法による神経芽腫の薬剤感受性. 小児がん:120-125, 1988
  17. 藤井 裕治, 本郷 輝明, 増井 博行, 他. アンギオテンシン2を併用した小児固形腫瘍の治療経験. 小児がん, 27:252-254, 1990
  18. 本郷 輝明, 藤井 裕治, 五十嵐 良雄. 小児白血病・悪性リンパ腫患児の寛解期における免疫能と臨床的問題点について. 小児がん, 27:299-302, 1990
  19. 松下 卓, 藤井 裕治, 本郷 輝明, 他. 心嚢液貯留に対して心膜開窓術が著効した小児悪性腫瘍の2例. 小児がん, 28:151-153, 1991
  20. 本郷 輝明, 藤井 裕治, 中川 祐一, 他. in vitro薬剤感受性試験と大量化学療法 自家骨髄移植による小児がんの治療. 小児がん, 28:147-150, 1991
  21. 本郷 輝明, 藤井 裕治, 松下 卓, 他. 小児急性白血病110例のin vitro薬剤感受性の特徴と臨床成績. 日本小児科学会雑誌, 96:293-302, 1992
  22. 本郷 輝明, 遠藤 彰, 矢島 周平, 他. 在宅ターミナルケア実践の条件. 小児がん, 30:267-271, 1993
  23. 本郷 輝明, 矢島 周平. 抗癌剤耐性機序と多剤併用療法. 小児内科, 25:959-963, 1993
  24. 本郷 輝明, 矢島 周平, 藤井 裕治, 他. がんで死亡した子供の末期の検討と家族の「死の受容」 当科での経験から新しい末期医療へのアプローチを探る. 小児がん, 30:262-266, 1993
  25. 矢島 周平, 本郷 輝明. Ewing肉腫と骨髄移植併用療法. 小児外科, 27:1212-1217, 1995
  26. 山田 さゆり, 本郷 輝明, 矢島 周平, 他. 小児がん患者に対する病名説明とその問題点. 小児がん, 33:167-170, 1996
  27. 本郷 輝明. 小児白血病の診断・治療とケア 白血病児への病気説明,病状説明. 小児看護, 20:314-318, 1997
  28. 本郷 輝明, 井上 紀子, 堀部 敬三, 他. 高危険群小児急性リンパ性白血病に対する東海小児がん研究グループ8610HRパイロットプロトコールの治療成績. 日本小児血液学会雑誌, 11:370-376, 1997
  29. 本郷 輝明, 金城 やす子, 立花 弘子, 他. 入院中の小児がん患児に対するQOL測定とその解析. 小児がん, 34:169-174, 1997
  30. 矢島 周平, 本郷 輝明. 小児白血病治療中の感染とその対策. 小児内科, 29:269-277, 1997
  31. 本郷 輝明, 山田 さゆり, 矢島 周平, 他. 乳児急性リンパ性白血病における薬剤感受性の特徴. 日本小児血液学会雑誌, 13:435-441, 1999
  32. 矢島 周平, 渡邊 千英子, 山田 さゆり, 他. 【骨髄移植の治療とケアのポイント】 骨髄移植後の感染症予防対策. 小児看護, 22:967-971, 1999
  33. 藤井 裕治, 本郷 輝明. 【変容する家族と小児病棟の現在】 小児病棟の現状,さらに増してきた看護の重要性. 看護教育, 41:423-427, 2000
  34. 岡田 周一, 本郷 輝明. 【小児疾患の診断治療基準】 症候 貧血. 小児内科, 33:86-87, 2001
  35. 本郷 輝明. 小児白血病の薬剤感受性研究の成果と治療への応用. 日本小児血液学会雑誌, 15:139-149, 2001
  36. 岡田 周一, 本郷 輝明. 【白血病 よりよい理解に基づく診療のために】 治療 薬剤感受性試験. 小児科診療, 65:233-238, 2002
  37. 藤井 裕治, 渡邊 千英子, 岡田 周一, 他. 終末期の小児がんの子どもたちに認められた死の予感と不安. 日本小児科学会雑誌, 106:394-400, 2002
  38. 藤井 裕治, 渡邊 千英子, 岡田 周一, 他. 病気説明を受けた小児血液・悪性腫瘍患児における病気の理解度. 小児がん, 39:24-30, 2002
  39. 渡邊 千英子, 棟田 裕子, 矢島 周平, 他. 幼児のターミナルケアに対する考察 高度の疼痛を抱えながら,母子家庭で在宅ケアを施行した神経芽腫の3歳例を通して. 小児がん, 40:558-562, 2003
  40. 藤井 裕治, 渡邊 千英子, 岡田 周一, 他. 【血液・腫瘍】 小児血液・悪性腫瘍疾患の医療面接時における,患者・家族が知りたい情報と医師・看護師が伝えたい情報. 小児科臨床, 57:197-206, 2004
  41. 本郷 輝明. 【小児の治療指針】 血液・腫瘍 慢性骨髄性白血病. 小児科診療, 69:469-472, 2006
  42. 高橋 寛吉, 花田 良二. 【神経芽腫】 神経芽腫の臨床像の概要. Pharma Medica, 29:17-23, 2011
  43. 高橋 寛吉, 康 勝好, 安井 直子, 他. 5g/m2大量メトトレキサート療法の安全性に関する検討. 日本小児血液・がん学会雑誌, 50:38-42, 2013
  44. 高橋 寛吉, 康 勝好, 安井 直子, 他. Wernicke脳症を発症した急性リンパ性白血病合併の21トリソミーの1例. 日本小児科学会雑誌, 117:113-117, 2013
  45. 高橋 寛吉, 康 勝好, 安井 直子, 他. 劇症肝炎のため生体肝移植を施行した5年後に発症した重症再生不良性貧血. 臨床血液, 53:1926-1931, 2012
  46. 高橋 寛吉, 康 勝好, 加藤 元博, 他. E.coli asparaginaseに過敏反応を示した小児急性リンパ性白血病に対するErwinia asparaginaseの安全性の検討. 臨床血液, 54:370-377, 2013

循環器グループ

循環器グループでは石川、内山の2名により小児循環器関連の臨床、教育、研究を行っています。 

● 臨床 
先天性心疾患の診断(胎児含む)、治療、小児に特有の不整脈の診断、治療、学校心臓検診における精密検査、成人先天性心疾患の診断、治療等を行っています。病棟では主に小児循環器関連症例の入院治療管理と重症患者の循環管理等を行っています。静岡県内における小児循環器の診療の充実と発展に貢献のため静岡県中部、東部地区の症例については静岡県立こども病院・中東遠総合医療センターとインターネット回線を用いたWebカンファレンスを、西部地区の症例については聖隷浜松病院小児循環器科・心臓血管外科とカンファレンスを定期的に行っています。心エコー検査は年々増加傾向にあり2019年度は1023件(うち胎児心エコー20件)でした。心臓カテーテル検査は概ね毎年30〜40件前後の件数です。浜松医大関連病院には石川が主に浜松医療センター、遠州病院、浜松赤十字病院、御前崎市立病院に、内山が主に磐田市立総合病院、聖隷沼津病院、市立湖西病院に定期的に出向し小児循環器外来を行っています。 

 

● 教育 
小児循環器専門医を目指す医師のため静岡県内の施設と診療協力を行い、静岡県立こども病院・中東遠総合医療センターと小児循環器専門修練施設群を構成し小児循環器専門医の研修施設として認定をうけています。小児循環器専門医獲得には十分な症例の経験が必要なため、現在では症例豊富な静岡県立こども病院、あいち小児保健医療総合センターなどへの施設へ研修をお願いしています。研究部門における教育も充実しており研修中には研究会、学会での発表を必須とし、さらに論文作成の指導を行っています。 

 

● 研究
学会発表においては日本小児循環器学会学術集会、AHA(米国心臓協会学術集会)をはじめとした関連学会へ積極的に参加し発表を行っています。論文発表においては小児生活習慣病に伴う心血管合併症の研究、川崎病の研究、先天性心疾患の疫学研究、内分泌疾患合併母体から出生した新生児の循環動態に関する研究など多くの業績を発表しております。また当院循環器内科と連携し小児冠動脈疾患の研究も行っています。

 

神経グループ

●糖原病(肝型および筋型:Pompe病やMcArdle病など)、代謝性ミオパチーの生化学的検査(酵素測定)、遺伝子解析を自治医科大学小児科との共同研究で行っています。

●糖原病の診断治療ガイドライン(先天代謝異常学会)の作成を行っています。

●原因が明らかにされていない発達障害の原因解析をアレーCGHや遺伝子解析などの手法を用いて行っています。 ●その他、全国医療機関と協力しリソゾーム病、ムコ多糖症、色素性乾皮症の臨床研究を行っています。

 

腎臓グループ

● 臨床研究として腎炎治療の免疫抑制剤としてシクロスポリンの少量投与をおこなっています。体重あたり2mg/kg/日以下にして腎障害などの副作用に対して安全といわれている量で初期治療を選択しています。

● また、血漿交換時のNa濃度を少し高め(140mEq/L)にして、血圧の変動を最小限にできるかの検討もおこなっています。

 

免疫・アレルギーグループ

免疫アレルギーグループ

●アレルギー疾患は今や国民病ともいわれ、患者さんが増加する一方、その診療内容も日進月歩です。当教室では新し い治療法を積極的に取り入れ、科学的に検証し診断・治療法に関する臨床研究をおこなっております。2018年には、 アレルギー疾患対策基本法に基づいて浜松医科大学は県アレルギー疾患医療拠点病院に指定されました。

 

<食物アレルギー>
・食物アレルギーにおける栄養食事指導の効果:後方視的症例集積研究 (2017年度終了)
・ピーナッツアレルギー小児を対象としたピーナッツの極微量経口免疫療法(VLOIT)の耐性誘導への有効性 前向き前後比較研究 (2018年現在継続中)
・食物摂取頻度が食物アレルギーの耐性獲得に与える影響 (2018年現在継続中)
・血液検査、皮膚プリック検査を用いた安全な食物負荷試験の試み(2018年現在継続中)

 

<アトピー性皮膚炎>
・アトピー性皮膚炎に対するプロアクティブ療法 ランダム化比較試験 (2012年終 了)
・アトピー性皮膚炎における石けん洗浄の影響 (2016年冬季終了, 2017年冬季終 了)

 

<アレルギーマーチの病態解明に関する研究>
・乳児アトピー性皮膚炎への早期介入による食物アレルギー発症予防研究/多施設共同評価者盲検ランダム化介入並行群間比較試験 (2018年現在継続中、多施設共同研究)
・乳児アトピー性皮膚炎への早期介入と経口免疫寛容誘導によるアレルギーマーチ進展の予防効果を探索する前向きコホート研究 (2018年現在継続中、多施設共同研究)

  • 免疫疾患は、SLEなどの膠原病、若年性特発性関節炎などのリウマチ性疾患、潰瘍性大腸炎やクローン病といった炎症性腸疾患、自己炎症性疾患、免疫不全症などにおいても、最新のエビデンスに基づいた診療を行っています。
  • 業績
    【英文】
    1.Fukuie T, Nomura I, Horimukai K, Manki A, Masuko I, Futamura M, Narita M, Ohzeki T,   Matsumoto K, Saito H, Ohya Y. Proactive treatment appears to decrease serum   immunoglobulin-E levels in patients with severe atopic dermatitis. Br J Dermatol. 2010   Nov;163(5):1127-9
    2.Fukuie T, Hirakawa S, Narita M, Nomura I, Matsumoto K, Tokura Y, Ohya Y. Potential   preventive effects of proactive therapy on sensitization in moderate to severe   childhood atopic dermatitis: A randomized, investigator-blinded, controlled study. J   Dermatol. 2016; 43: 1283-1292.
    3. Ohnishi H, Kishimoto Y, Taguchi T, Kawamoto N, Nakama M, Kawai T, Nakayama M,   Ohara O, Orii K, Fukao T. Immunodeficiency in Two Female Patients with Incontinentia   Pigmenti with Heterozygous NEMO Mutation Diagnosed by LPS Unresponsiveness. J   Clin Immunol. 2017 Aug;37(6):529-538.
    4.Natsume O, Kabashima S, Nakazato J, Yamamoto-Hanada K, Narita M, Kondo M, Saito   M, Kishino A, Takimoto T, Inoue E, Tang J, Kido H, Wong GW, Matsumoto K, Saito H,   Ohya Y; PETIT Study Team. Two-step egg introduction for prevention of egg allergy in   high-risk infants with eczema (PETIT): a randomised, double-blind, placebo-controlled   trial. Lancet. 2017 Jan 21;389(10066):276-286.
    5. Mitsui M, Shoda T, Natsume O, Nomura I, Narita M, Fukuda A, Sakamoto S, Kasahara   M, Ohya Y. Factors Associated with Development of Food Allergy in Young Children   after Liver Transplantation: A Retrospective Analysis of 10 Years' Experience. J Allergy   Clin Immunol Pract. 2017 Nov - Dec;5(6):1698-1706
    6. Ohnishi H, Kishimoto Y, Taguchi T, Kawamoto N, Nakama M, Kawai T, Nakayama M,   Ohara O, Orii K, Fukao T. Immunodeficiency in Two Female Patients with Incontinentia   Pigmenti with Heterozygous NEMO Mutation Diagnosed by LPS Unresponsiveness. J   Clin Immunol. 2017; 37: 529-538.
    7. Natsume O, Ohya Y. Recent advancement to prevent the development of allergy and   allergic diseases and therapeutic strategy in theperspective of barrier dysfunction.   Allergol Int. 2018 Jan;67(1):24-31.
    8. Yasuoka R, Iwata N, Abe N, Kohagura T, Nakaseko H, Shimizu M, Kawabe S. Risk   factors for hypersensitivity reactions to tocilizumab introduction in systemic juvenile   idiopathic arthritis. Mod Rheumatol. 2018 Mar 26:1-12.

    【和文】

  1. 夏目統: 食物アレルギーの発症予防戦略.アレルギーの臨床 36: 836-839, 2016.
  2. 夏目統, 成田雅美: 食物アレルギー 食物アレルギーを予防するための早期摂取の是非. アレルギー免疫 23: 534-541, 2016.
  3. 夏目統, 大矢幸弘: 新しい食物アレルギーの指導ならびに治療の実際. 医事新報 4793: 35-40, 2016.
  4. 坂井聡, 夏目統, 加藤由希子, 田口智英, 福家辰樹.プリックテストと好塩基球活性化試験が陰性であったエリスリトールアレルギー.日本小児科学会誌 2017; 11: 1841-5
  5. 杉本真弓, 鈴木修一, 夏目統, 荒川浩一.CQ6小児気管支喘息患者において、急性増悪時にβ2刺激薬をスペーサーを用いてpMDIで反復吸入することはβ2刺激薬吸入液を用いた電動式ネブライザーでの反復吸入と比較しより有用か? 日本小児アレルギー学会誌 2017; 31: 326-35
  6. 夏目統, 大矢幸弘. アトピー性皮膚炎患児における早期摂取による卵アレルギー発症予防研究. 臨床免疫・アレルギー科 2017; 68: 502-7
  7. 夏目統. 食物アレルギーの発症予防. 小児科臨床 2017; 70: 1843-8
  8. 夏目統. 食物アレルギーの予防 最近の知見. アレルギー・免役 2018; 1: 74-81
  9. 夏目統. 卵の早期導入と卵アレルギー発症予防. 日本小児アレルギー学会誌 2018; 32: 27-35
  10. 犬塚祐介, 加藤由希子, 坂井聡, 田口智英, 夏目統. 小児アトピー性皮膚炎における秋冬の石けん使用についての左右比較研究. 日本小児アレルギー学会誌 2018; 32: 249-57
  11. 加藤由希子, 夏目統,久保田綾乃, 幸田昌樹,坂井聡,松永真由美,犬塚祐介,田口智英. 小児食物アレルギー患者をもつ家族の震災時対策に関する実態調査. 日本小児臨床アレルギー学会誌 2018 accepted.

新生児・周産期グループ

●私たちの活動の場は附属病院周産母子センターです。新生児部門はNICU(新生児集中治療病床)6床、GCU(growing care unit、新生児回復期治療室)6床の合計12床で運営しており、年間の入院数は約190件です。低出生体重児や早産児の診療を中心に、呼吸障害、感染症、先天異常や多胎など、緊急性の高い新生児期のさまざまな疾患に24時間365日対応しています。NICUでは呼吸管理や輸液管理など集中治療を必要とする新生児の診療を行い、GCUではNICUでの集中治療を終えたけれども、退院まではまだ時間が必要な児や黄疸に対する光線療法などの診療を行っています。
●産科の正常新生児に対しても、診察と超音波検査(脳、心臓、腎臓など)、聴覚スクリーニング検査を行っております。
●研究テーマ:
 ・ 先天奇形症候群の診断
 ・ 胎児・胎盤の成長・発達における遺伝および環境因子の検討
 ・ 新生児ビタミンK欠乏性出血症予防のための簡便な血液凝固系スクリーニング
 ・ 新生児副腎の超音波学的検討
 ・ 共同研究:
     乳児における斜頭症・絶壁頭の防止用具の開発-試作品の効果検証-
          代表研究者:久保田君枝(浜松医科大学 臨床看護学講座)
 ・ 研究協力:
     厚生労働科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)
       周産期医療の質と安全の向上のための研究
          代表研究者:楠田聡(東京女子医科大学母子総合医療センター)  
     厚生労働科学研究育成疾患克服等次世代育成基盤研究事業 
       HTLV-1抗体陽性妊婦からの出生児のコホート研究
          代表研究者:板橋家頭夫(昭和大学医学部小児科学講座)
●症例検討会等
 ・ 新生児症例検討会(毎月)
 ・ 新生児リサーチカンファランス(隔月)

これらをメインテーマとした臨床研究を行っております。

合同カンファレンス

 関連病院群を中心に内分泌カンファレンス、循環器カンファレンス、小児科カンファレンスなどを定期的に開催しております小児循環器領域では静岡県立こども病院とのネット回線を使用した双方向性の症例検討、小児循環器領域のレクチャーを毎月1回および年に2~3回の小児循環器関連の研究会を行っています。

浜松医科大学小児科では内分泌・代謝、血液・腫瘍、循環器、神経、腎臓などのすでに多くの実績のある分野のみならず新生児・周産期、臨床遺伝などの分野の充実を図っています。これからの小児科においては、従来の小児疾患(Pediatrics)だけではなく、アレルギー、精神保健、男子外性器低形成など、環境変化に伴う小児保健(Child Health)が重要となってきます。当科ではこのような時代のニーズに対応できる多様な人材の育成を目指しております。小児科専門医を目指す皆様にとっては、common diseaseの経験はもちろん、大学病院以外では経験が難しい専門疾患・専門医療を十分に研修することが可能です。

浜松医大小児科で経験できる専門疾患(年間)

小児がん

50例

てんかん

100例

血液疾患(入院)

5例

発達障害

80例

低身長

300例

川崎病

10例

甲状腺疾患

75例

先天性心疾患

150例

糖尿病

30例

アトピー性皮膚炎

70例

肥満

60例

ネフローゼ症候群

5例

性発達異常

60例

腎炎

5例

副腎疾患

20例

NICU入院

200 例

先天奇形症候群

40例

 

 


浜松医大小児科で経験できる専門医療(年間)

同種造血幹細胞移植

1例

自家造血幹細胞移植

1例

心臓カテーテル検査

5例

腎生検

1例

食物負荷試験

120例

新生児人工呼吸管理

50例

NO吸入療法

10例

新生児低体温療法

2例

遺伝子診断・遺伝子解析

100例

心臓超音波

652例

胎児エコー検査

23例

脳低温療法

 

 

 


このページの先頭へ