研究室紹介

室員(Staff)

教授:佐藤弘明 理学博士        Prof.: SATO, Hiroaki  Ph. D.( Dr. Science)

人類学研究室は、平成4年9月1日に浜松医科大学・医学部・一般教育等・社会学として開設され、その後、平成17年4月1日に医学部・医学科/総合人間科学講座・人類学と改組。

研究室は開設当初から佐藤弘明一人が運営にあたる。もっとも、Fさん、Oさん、E、Sさんなど一般教育等および総合人間科学講座の歴代事務員の方々の支援がなければ、不可能だった。

室員の来歴:四国で生まれ育って、18年。その後、花の東京で迷ってばかりの10年を経て、沖縄に。うまれついてのテーゲー気質、すっかりなじんで17年、平成4年、縁あって遠州浜松に漂着。今は海、山に恵まれた温暖な地に住めることを感謝する毎日。生来、暖かくて、湿ったところが向いているせいか、アフリカの訪問地もすべて熱帯雨林地域。乾燥地域は鼻が乾いて呼吸が苦しくなるとは室員の弁。

 

 

Research Publications

SATO, H.: A brief report on a large mountain-top community of Dioscorea praehensilis in the tropical rainforest of southeastern Cameroon. African Study Monographs, Suppl. 33: 21-28, 2006.

SATO, H.: The potential of edible wild yams and yam-like plants as a staple food resource in the African rain forest. African Study Monographs, Suppl. 26: 123-134, March 2001.

SATO, H.: Folk etiology among the Baka, a group of hunter-gatherers in the African rainforest. African Study Monographs, Suppl. 25: 33-46, 1998.

TAKEDA, J. and SATO, H. : Multisubsistence strategies and protein resources of horticulturalists in the Zaire Basin: the Ngandu and the Boyela. in C.M. Hladik, A. Hladik, H. Pagezy, O.F. Linares, G.J.A. Koppert and A. Froment eds. Food and Nutrition in the Tropical Forest: Biocultural Interactions: The Man and the Biosphere Series (Volume 15). UNESCO (Paris), 497-504, 1993.

SATO, H.: Hunting of the Boyela, slash-and-burn agriculturalists in the central Zaire Forest. African Study Monohraphs 4(1): 1-54, 1983.

佐藤弘明:樹木を同定するには何が必要かーアフリカ熱帯雨林狩猟民Bakaの樹木同定テストから.浜松医科大学紀要21: 7-20, 2007.

佐藤弘明、川村協平、稲井啓之、山内太郎:カメルーン熱帯雨林における”純粋”な狩猟採集生活ー小乾季における狩猟採集民Bakaの20日間の調査.アフリカ研究69: 1-14, 2006.

佐藤弘明:病歴を物語るBakaピグミーの治療痕.浜松医科大学紀要19: 9-24, 2005.

佐藤弘明:コンゴ森林農耕民ボイエラの運搬活動.浜松医科大学紀要18: 13-38, 2004.

佐藤弘明:森と病ーバカ・ピグミーの民俗医学.市川光雄・佐藤弘明(編)講座生態人類学2、森と人の共存世界、京都大学出版会、pp. 187-222, 2001.

佐藤弘明:定住した狩猟採集民バカ・ピグミ.田中二郎・掛谷誠(編)ヒトの自然詩、平凡社、pp. 544-566, 1991.

 

 

 

 

 

 

 

カメルーンの森で
人類学研究室
授業
研究
スタッフと業績
アルバム