研究活動

 

 佐藤弘明は一貫して、アフリカ中央部の熱帯雨林地域において生態人類学の研究に従事。1976年から旧ザイール(現コンゴ民主共和国)にて、焼畑農耕民Boyelaの狩猟活動、農耕活動について、1987年からは、旧コンゴ人民共和国(現コンゴ共和国)、およびカメルーン共和国にて、熱帯雨林狩猟採集民Bakaの生計活動、民俗医学について、調査研究をおこなってきた。 現在は、果たして人類は農作物なしに熱帯雨林で生存できるのか、いつ頃から人類は熱帯雨林に生息するようになったのか、など、進化的見地から人類の生息環境としての熱帯雨林の可能性を探るプロジェクトに従事している。

 

 

関連サイトリンク

京都大学カメルーンフィールドステーション

生態人類学会

Studies

 

Sato has engaged in ecological-anthropological studies in the central African tropical rainforest since 1976. At first his work started in ex-Zaire (Democratic Republic of the Congo), focusing on the hunting and agricultural activities of the Boyela, slash-and-burn horticulturalists in the middle of the Congo Basin. Since 1987, he has conducted the anthropological field works of the Baka hunter-gatherers in Republic of the Congo and Republic of the Cameroon many times with special reference to their subsistence activities and folk medicine. At present he is studying the potential of the African tropical rainforest as a human habitat, that is, "Is it possible for human beings to live independently of agriculture in tropical rainforests? "

 

 

カメルーンの森で
人類学研究室
授業
研究
スタッフと業績
アルバム