浜松医科大学 > 教育研究施設紹介 > フォトニクス医学研究部 > 生体医用光学研究室

Japanese English

浜松医科大学 生体医用光学研究室

HOMEお知らせ研究業績構成員募集研究室までの道順ひかりイメージング産学連携専門委員会

ようこそ生体医用光学研究室へ

浜松医科大学の光尖端医学教育研究センター内にある研究室です。



☆本を出版しました。

タイトルは「生体ひかりイメージング 基礎と応用」
星詳子教授が監修しました。




☆令和3年3月16日 光医工学共同専攻1期生 三村徹也さん学位取得
ご卒業おめでとうございます。



☆令和元年6月28日 日本応用数理学会 2019年研究部会連合発表会
優秀講演賞を町田 学講師が受賞しました。



☆平成30年度 高柳記念賞(公益財団法人浜松電子工業奨励会)を
星 詳子教授が受賞しました。



☆甲状腺ガンをDOTで検出!!

 DOT・・・拡散光トモグラフィ(diffuse optical tomography) 光CTとも呼ばれています。



 甲状腺周囲水平断DOT画像

吸収係数分布赤枠のスライスでは、左右に甲状腺ガンを認めます。



H.30.2  AMEDでの成果<近赤外線による非侵襲ヒト生体イメージング:拡散光トモグラフィ(光CT)の開発>
がリーフレットになりました。 


H.30.3.6(火)光医療最前線② 静岡新聞の1面に掲載されました。


 拡散光トモグラフィ・・・生体に対して比較的高い透過性を有する近赤外線を用いて生体の機能・形態情報を持つ吸収(μa)・散乱係数(μs′)の3次元分布を 定量的に画像化する技術


拡散光トモグラフィ画像(吸収係数分布)

インフォメーション

 ひかりイメージング産学連携専門委員会 キックオフシンポジウム 事前登録

インフォメーション



医学・薬学・理学・工学と多岐分野との共同研究を進め、さらなる進化を目指しています。



Copyright (C) 浜松医科大学 フォトニクス医学研究部 生体医用光学研究室. All Rights Reserved.