講習会案内

第3回医用質量分析認定士講習会のご案内

 最近,新生児マススクリーニングのみならず,微生物同定,薬物動態,法中毒領域など,質量分析技術の医療応用が拡大しつつあります.そこで日本医用マススペクトル学会では質量分析技術の臨床応用への基盤を共有することを目的に,平成25年度より認定士制度をスタートさせました.特にタンデムマス・スクリーニング検査機関の方におかれましたは,この機会を利用して質量分析の基礎知識を習得に役立てていただければ幸いです. また,臨床微生物検査,薬毒物分析など質量分析の臨床応用に従事されている各分野の方々のご参加もお待ちしております.

日 時:2015年9月19日(土)第40回日本医用マススペクトル学会年会翌日
場 所:アクトシティ浜松 コングレスセンター4階 (http://www.actcity.jp/
内 容:
10:00〜10:05 開会の辞
10:10〜11:00 講義1:質量分析の基礎(用語説明、原理、機種など)       中西豊文(大阪医科大学)
11:00〜11:50 講義2:薬毒物分析における質量分析               鈴木 修(浜松医科大学)
12:00〜13:00 ランチョンセミナー(株式会社島津製作所):
        薬毒物分析におけるデータベースの利用              土橋 均(名古屋大学)
13:10〜14:00 講義3:臨床細菌学分野における質量分析技術の活用と今後の課題  大楠清文(東京医科大学)
14:10〜14:20 医用質量分析認定士制度の概要説明
14:40     閉会
     ※講義終了後,医用質量分析認定士制度の概要説明,小試験が実施されます.

 受講料:5,000円(資料代を含む)
 (9月17日,18日開催の第40回日本医用マススペクトル学会年会登録者は3,000円)
 申し込み方法:年会ホームページに関連情報を掲載します。
 年会・講習会事務局:静岡県浜松市東区半田山一丁目20番地1号 
 TEL/FAX:053-435-2092  
  E-mail:jsbms40.hamamatsu@hama-med.ac.jp(@を小文字に)

認定要件
1.日本医用マススペクトル学会会員であること.
2.日本医用マススペクトル学会主催の医用質量分析認定士講習会に参加し,筆記試験に合格すること.
 筆記試験は講習会における講義内容から出題する.

申し込み方法
講習会の事前申込みもオンライン参加登録システムにて受け付けております。
学会に参加せず講習会のみの申込みもこちらで受け付けておりますので、上記よりご登録賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 (【参加登録・講習会】ボタンの左にチェックを入れて申込み画面にお進みください)
なお、当日参加も可能ですが事前集約にできるだけご協力をいただけますようお願い申し上げます。


講習会案内のダウンロード

年会事務局

〒431-3192
浜松市東区半田山1丁目20番1号
国立大学法人浜松医科大学
メディカルフォトニクス研究センター
第40回日本医用マススペクトル学会年会
事務局

問い合わせ先
Phone/Fax: 053-435-2092
mail: jsbms40.hamamatsu@hama-med.ac.jp
担当:矢尾育子

ページの上部へ