静岡県下の災害時透析情報

静岡県立総合病院ミラーサイト  富士市立中央病院ミラーサイト

現在のところ県下に大災害は発生していません。 各施設とも通常通り動いています。 
もしご希望があれば各施設に直接お問い合わせください。

必要時、他県からの応援をお願いします

静岡県腎不全研究会は静岡県透析医会と協力して静岡県透析災害時ネットワークを構築しました。このページは緊急時を想定したものです。もし明日にでも緊急事態が発生したら、どこまでできるかわかりませんが、最新の情報を刻々と伝えたいと思います。

以下の件について可能な機関・施設は連絡ください

(現在のところ援助依頼はありませんが、緊急時について予め教えてくださることがあれば連絡下さい

災害状況報告用紙

静岡県災害時ネットワーク

静岡県に地震その他の大災害が起きたときに、どういう事態が起きるかを正確に予測する事は大変難しい作業ですが、透析医療機関が直面するであろう問題を予測し対策をたてる必要に迫られています。こうした認識に基づき、静岡県腎不全研究会と静岡県透析医会は協同で災害時透析対策の検討を進めてきました。その結果、まず災害発生時に県内の透析医療を必要とする患者さんの治療が円滑に行えることを目的として、県内透析医療機関がお互いに連絡し助け合う連絡機関として、また、県内の県市町村などの行政機関、医師会等や、県外の透析医会を中心とする医療組織などとの連絡の中心となる機関として、静岡県透析災害時ネットワークの発足を計画し、静岡県の全透析医療機関に参加を呼びかけてきました。その結果静岡県内75の透析医療機関の賛同を得る事が出来、平成10年3月14日の静岡県腎不全研究会の幹事会でその発足が決議されました。アンケートへのご協力や貴重なご意見を頂き有り難うございました。
 静岡県透析災害時ネットーワークの発足を静岡県内の透析患者さん、透析医療に携わられる医療機関の皆さん、透析医療に関心をお持ちの皆さんに報告し、皆さんの今後の一層のご協力をお願いする次第です
静岡県透析災害時ネットワークの組織と役割

名称:静岡県透析災害時ネットワーク
事務局:浜松医科大学附属病院血液浄化療法部
     Tel&Fax:053-435-2756
〒431−3192 浜松市半田山1丁目20番1号
事務局は、日常的に災害時に備えた対策を立案実行します。
また、非災害時のネットワーク内外の連絡センターとなり、静岡県外での災害に対し、静岡県内透析医療機関からの応援の窓口となります。
代表:菱田 明(浜松医科大学第一内科教室)
Tel:053-435-2261 Fax:053-434-9447
事務局長:加藤明彦(浜松医科大学附属病院血液浄化療法部)
Tel:053-435-2853 Fax:053-435-2853

静岡県透析医療機関災害時ネットワーク参加施設(平成20年6月11日現在)



静岡県防災対策/静岡県の公式ページ
日本透析医会
伊豆半島透析施設連絡協議会災害ネットワーク
浜松地区透析施設災害時ネットワーク
三島地区透析施設震災時協力ネットワーク


浜松医科大学附属病院血液浄化療法部へ